アメリカ生活

アメリカで今なぜ暴動が起きているのか?ミネアポリスから波及したデモの現状のまとめ

どうもこんにちは。Kotaniです。

最近アメリカでは立て続けに大事件が起きましたが、
その中でも特に世間の注目を集めているのが

「ミネアポリスの黒人男性の死から波及した全米で暴動」

ですね。今回は、

  • なぜこの一連の事件が起きたのか
  • 人種差別運動と秩序なき暴動
  • 実際にアメリカでは今何が起きているのか

ということについて簡単にまとめていきます。

アメリカ全土での反差別デモ → 無秩序な暴動へ

※ショッキングな映像です。

ことの発端は 5/25日に起きた事件です。

ミネソタ州・ミネアポリスで黒人男性 George Floydが白人警官に拘束されたのちに死亡しました。

George Floydの死に関与したとされる警察官4名が免職のみ。

氏の死亡に対し何ら法的罰則を受けていないということから、アメリカ国民の怒りが爆発。

同市だけでなくアメリカ全土で Anti-Racismを掲げた大規模なデモ・抗議活動に発展しました。

反人種差別運動はいったいどこへ?

警察官らによる高圧的な行動により氏が死亡した事を受け、当初はミネアポリスを始めとした都市部で大規模なデモ・抗議活動が発生しました。

が、徐々にデモ活動は形を変え、怒り狂った民衆が警察署に放火、
更には警察車両を破壊したり、といった様な無秩序な暴動へと変遷。

挙げ句の果には、デモとは全く無関係な町中の店舗を破壊する、
一般市民の所有物を略奪し、強盗を働いたりなど、もはややりたい放題。

デモのドサクサに紛れてNikeの店舗を破壊&商品強盗を行ったり(シカゴ)

 

店を守ろうと武装した男性が暴行を受けたり(ダラス)

 

個人経営の商店が抗議活動のドサクサに紛れての強盗が起きたり、

 

その他にも朝になると車がなくなっていたりなど、挙げるとキリがないのです。

とにかく無秩序な暴動が横行するカオスという状況です。

はっきり言って、今アメリカで暴れまわっている方々は犯罪者です。

繰り返します。犯罪者です。

暴動を行っているのは誰?

デモを装った破壊活動を行っている人々の第多数は、どうやら州外から来ているという話です。

 

かつ、その殆どがアナーキスト(無政府主義者)と極左という話もあります。

 

ちなみに、トランプ大統領は一連の暴動行為を受け、
Antifaをテロ組織に指定するような発言を行っています。

あるべき姿は平和的な抗議活動

現在アメリカで起きていることは、上述した過激派たちによる破壊的な暴力活動がすべてではありません。

合衆国憲法で規定されている権利の範囲内で平和的に抗議活動を行っている方々も多くいます。

警察や州軍が一般市民と衝突を繰り返す中、平和的にデモ活動を行う人々と、その行為を守ろうとする警察の方々も存在します(マイアミ)

 

更には、国を超えてロンドンでも反人種差別活動を支援する平和的な抗議活動が行われています。

これが本来あるべき姿なのですが。

結局、今アメリカで起きている事は一部の過激派による犯罪行為でしかないわけです。

もちろん、全体図を見ると事はそんな簡単ではありません。

ただ、この秩序なき暴動、ただの犯罪行為がアメリカ全体の民意ではありません。

一番の被害者は中小経営者

はっきり言って、一連の暴動や犯罪行為による一番の被害者が個人経営の中小店舗です。

コロナウイルスでビジネスに甚大な被害を被ったと思いきや、次は暴動と略奪にさらされる。

更に、この犯罪行為を行っている第多数が州外から来た、いうなればよそ者です。

反差別運動という大義名分を受けた犯罪者が、他人のコミュニティで放火を行い、建物を破壊し、略奪を繰り広げる。

そもそも、暴動や略奪行為は反差別運動という事とは全く無関係である。

これの一体どこに正義があるのだろうか。

アメリカ政府やトランプ大統領による、

「これ以上暴動が激化すれば地域の要請次第で軍を出動させる」

という発言に対しての反対意見も吹き荒れているらしいですが、

暴動や略奪は犯罪行為ですからね。

もちろん平和的にデモを行っている人に対する抑圧は民主主義的におかしいとは思いますが、犯罪行為は抑圧する必要があります。

今アメリカで激化するミネアポリス暴動を勘違いしている人に知ってほしい事どうもこんにちは。Kotanidです。 アメリカで激化の一途をたどっているミネアポリス暴動に関して、 併せて知っておくべき現地の...

 

Twitterでアメリカでの暴動の様子について発信しているので、
気になる方はフォロー / 情報の共有をしていただければ。

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す