アメリカ生活

今アメリカで激化するミネアポリス暴動を勘違いしている人に知ってほしい事

どうもこんにちは。Kotanidです。

アメリカで激化の一途をたどっているミネアポリス暴動に関して、
併せて知っておくべき現地の声をまとめました。

現在アメリカで起きている一連の出来事を
違った側面から考えるきっかけになると思います。

ぜひご一読を。

知っておくべきミネアポリス暴動の裏側

故George Floyd氏の兄によるスピーチ

George Floyd氏を口実に破壊活動や略奪を繰り返す犯罪者達に対し、史の兄であるTerrence Floyd氏が強い怒りを示しています。

選挙等の平和的な方法を通しての社会変革を強く主張し、
彼の弟が愛した町での暴動や略奪をやめるよう訴えています。

スピーチ中に繰り返し、

「What Are You Doing?」

と発していたのがかなり印象的でした。

 

スピーチ内容のスクリプトは以下で確認できます。

上手く聞き取れない方はコチラをチェックしてください。

警察とは関係ない店への破壊活動を叱責する黒人女性

抗議活動には全く関係の無いスターバックスに落書きをする暴徒に対して、黒人女性が

「これは反黒人差別運動とは関係ない。警察とも関係ないだろ!
黒人(Black)は誰もそんなことを望んでいないぞ!」

と叱責しています。

反黒人差別という名のもとに暴動を行う者への強い怒りを露わにしています。

白人女性から暴行を受け反撃する黒人警官

白人女性が彼女を制止に入る白人警官を暴行し、
それに対し黒人警官が彼女を制圧。

アメリカで暴動を煽っているような組織や人々は
この様子を悪意をもって切り取り、

「黒人が / 警察官が一般市民を暴行した」

と発信を行っています。

警官が暴徒化したデモ集団に射殺される

St.Louice(セントルイス)で、暴徒化したデモ集団に警察官4名が射殺されるという事件が発生しました。

当初は平和的な抗議活動だったが、夜になると暴徒化した模様です。

未だに誰による発砲かは明確になっていません。

抗議活動者の列に警察車両で突進

ニューヨークのデモ隊の集団に警察車両が突っ込んでいくという暴挙が起きましたが、ニューヨーク当局は現在詳細を調査中とのこと。

こういった事件を見ると、警察官による市民への暴行というのは
必ずしも警察組織の全体意思では無いのではないかと思います。

突発的に現場が暴走する、というのは十分に考えられることですし、
歴史上でもこういった些細な事が大事件に発展する…

という事はよくあります。

軍の出動は妥当なのか?

トランプ大統領は、

「地域からの要請があれば軍を出動させる用意がある」

という趣旨の発言を行っています。

事実、都市部ではデモ隊に対して警察や軍が催涙ガスを用いて制圧を行っている事実もあります。

私の住むオハイオ州の州都・コロンバスでも軍が出動しているみたいです。

この一連の行動に対し、

「平和的に抗議活動を行っている者への暴力だ!」

という批判の声もあります。

ただ、こういったデモ隊が暴徒化し都市部で破壊や略奪を繰り返し、
警察官の命を奪っているという側面もあります。

アメリカで今なぜ暴動が起きているのか?ミネアポリスから波及したデモの現状のまとめどうもこんにちは。Kotaniです。 最近アメリカでは立て続けに大事件が起きましたが、 その中でも特に世間の注目を集めているのが...

 

Twitterでアメリカでの暴動の様子について発信しているので、
気になる方はフォロー / 情報の共有をしていただければ。

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す