アメリカ生活

アメリカの留学先に実際にギターを運んだ時の一部始終【海外に楽器を安全に運ぶ】

こんにちは。Kotaniです

ギタージャンキーKotaniが、ギター好きの方に向け

「海外にギターを飛行機で持っていく方法」

について、実体験を交えて解説していきます。

 

私は実際にアメリカの大学進学する際に、ギターを飛行機で運んだのですが、

高額なバイオリンを飛行機で持っていったらボロボロに壊された!

なんていう話もフライト前に聞いてたりしたため、ドキドキのトライではありましたが。

 

結果的には無事に、アメリカにギターを持っていく事が出来ましたが、ちょこちょこトラブルだったりもあったので、

「実際にKotaniが飛行機でアメリカにギターを運んだ時の話」

について、注意点なども併せて一部始終をお話していこうかと思うので、楽器を海外に持って行く方は参考にしてください。

【海外に楽器を運ぶ】アメリカの留学先にギターを持っていく方法

まずそもそもですが、海外にギターを始めとした「中型の楽器」を持っていく方法はいくつかあります。

私は直接飛行機内に持ち込み、文字通り「手で」持っていきました。

めちゃ重い

ギターを海外に運ぶ際には、方法ごとに値段やメリット・デメリットが変わってきます。

状況に合わせて最適な方法を選択してください。

方法①. ギター(楽器)を海外に郵送で送る

「アメリカ(海外)の留学先の住所にギターを送る」

これがまず一つ目の手段です。

 

方法としては、通常の荷物と同じように「国際郵便」でギターをアメリカに送ります。

注意点としては、国際郵便には「船便」と「航空便」の2種類があるというポイント。

  • 船便 → 安い・届くまでの期間が長い(1ヵ月近くかかる場合も)
  • 航空便 → 高額・短期間で(2〜3日で届く場合も)

ざっくりとした違いはこんな感じですね。

詳細は日本郵政のHPで確認を。

日本郵政のHP

 

航空便は重量によってものすごい金額になってしまいます。

なので、個人的にはギターなど重い荷物を運ぶのには適さないと思います。

ただ、船便もかなり時間がかかってしまうので考えモノですね。

 

「海外へ郵送で荷物を送るのは不安」

という人も多いかもしれませんが、個人的な経験からはトラブルが起きたことは一度もありません。

「海外に送った荷物が届かない」という問題の対策法【アメリカ留学中に日本からアメリカに荷物を送りまくった経験から】 大学の休暇中で時間的な余裕ができたおかけで、最近せっせとこのブログを更新しています。 ただ、一度アメリカの大学に通って「1...

「海外に送った荷物が届かない」というコトを防ぐための対策法

方法②. ギターを飛行機内に持ち込み、直接自分で運ぶ

私がアメリカに留学した際に取ったのはこの方法ですね。

 

スーツケースの様な預け入れ荷持つとして or 機内持ち込み荷物として、

ギターを直接自分で持って行ってしまうという方法です。

 

スーツケースの様に預け入れ荷物として持っていく場合には、特別なことをする必要はないです。

預入に持つとして持って行ったギターをめぐってちょっとトラブルはあったんだけどね

このことについて、詳しくは後述します。

 

機内にギターを持ち込む際には、普通に手荷物として持ち込むという方法です。

そのほかにも、機内にギターを持ち込む際には「客席にギターを座らせる」という方法もあります。

もちろん客席をもう一つ購入しなければ行けないのですが、航空会社によっては割安で楽器用に席を購入出来る場合もあるそうです。

高額なバイオリンを持ち運ぶ音楽家みたいな方は、割とこの方法を利用している方が多いらしいですね。

 

私は金銭的に絶対できません。

※楽器のために席を購入する際の追加料金や、機内への楽器の持ち運びは航空会社によって違ったポリシーがあります。絶対チェックを欠かさずに。

【海外に楽器を運ぶ】実際にアメリカの留学先にギターを持って行った時の話

先ほど言ったように、私はアメリカまでギターを直接手で持っていきました。

 

ギターをアメリカまで郵送するお金がありませんでした。

郵送なんて甘えた方法は使っていません。

愛するギターを、己の手で大切に運びました。

 

ちなみに、アメリカの大学に進学する際の私の荷物は、

  • ギター×2
  • リュックサックにPCのみ
  • スーツケース

こんな感じで、スーツケースの中身半分以上がギターの機材で埋まる、という始末。

もはやバンドマンかミュージシャンですね。

音楽専攻でもなんでもないですが。

 

これだけたくさんギターの機材を運んだので、めちゃくちゃ重くて大変でした。

スーツケースも余裕の重量オーバーをかましてましたし。

正直言って二度とやりたくないです。

そもそもギターを飛行機で持っていけるのか?

私が渡米時に利用したのはデルタ航空でした。

おそらく、国際線であれば航空会社関係なく、

  • 機内持ち込み荷物 × 2
  • 預け荷物(スーツケース等) × 2

計4つの荷物が持ち込めるとは思います。

 

で、Kotaniがデルタ航空を使って渡米した時には、普通に機内にギターを持ち込むことができました。

ただ、これがスタンダードなのかはイマイチ分かりません。

 

もし機内持ち込みが不可能となってしまった場合、飛行機でギターを持ち込む唯一の手段が「預け入れ荷物」としてのみとなってしまうので注意。

そうなってしまった場合、極力荷物を減らすか、セットネック系のギターであれば分解してパーツとしてスーツケースに入れてしまう…

みたいな裏技もあります。

 

荷物が多くなってしまうという方は、必要最低限のモノだけにしましょうね。

コチラを参考に。

アメリカ留学に必要な持ち物&ぶっちゃけいらない物をリストにしてまとめました アメリカの大学留学で必要になる持ち物をリストにしてまとめました。 それと同時に、ぶっちゃけアメリカ留学にはいらない・不必要...

アメリカに持っていくべきモノと不要なモノをリスト化

アメリカの航空会社の荷物の扱いに懸念

気になるのが「アメリカの航空会社の荷物の扱いの雑さ」加減です。

これだけ雑にモノを扱われると、

ギターとかを預けようモノなら秒でバキバキに折れるんじゃないか?

なんて心配がありました。

スーツケースに入れたアンプやエフェクターなどの機材も、ぶっちゃけかなり不安ではありました。

ギターを飛行機で運ぶ前準備「保護は欠かさずに」

ギターを飛行機で運ぶのであれば、手で持っていこうが預入荷物に使用が、キャリーには絶対にハードケースを使用してください。

間違ってもソフトケースなんかで預けたりしない事!

これはギター以外の楽器でも同じですね。

私はこんな感じのハードケースを利用しました。

ちなみに分かる方向けに言うと、コチラは「廉価版」のZemaitisです。

本家の高級品ではないです。

 

そして衝撃対策としては、

  • ギターの弦は外す
  • ハードケース内に暖衝材を詰める
  • ハードケースの外も暖衝材を巻き付ける

これくらいのコトは最低限やっておきましょう。

Tシャツだったりプチプチでケース内を敷き詰め、その外からもしっかりと梱包をするように。

スーツケースに入りきらない洋服を暖衝材替わりに使うのもオススメ

とにかく、ケース内に衝撃吸収材を詰めまくりました。

 

それと、真偽は分からないのですが、

「飛行機の荷物室は気圧・温度が飛行機の外部と同じ」

という恐ろしい情報を聞きました。

温度対策として、ケースの外側には衝撃吸収パッドを断熱材の代わりとして何重に重ね、ガムテープでぐるぐる巻きに。

 

やりすぎなくらいまで対策はしましょうね。

大切なギターが目的地に着いたら壊れてた…

なんて笑えません。

空港でギターを預ける

私が渡米した際には、

「成田空港 → アトランタ空港 → 大学最寄りの空港」

といった経路でアメリカの留学先に向かいました。

 

まず、成田空港で荷物の預け入れを。

ここで注意が一つ。

スーツケースのような機内預け入れ荷物としてギターを預けようとした所、

ギターは特殊な荷物になるので別の窓口で預けてくれ

という注意を受けました。

 

スーツケースとは別の窓口で「精密機械」として預けられることに。

まあ、この特殊荷物預け入れのせいで後々パニクることになりますが。

機内にギターを持ち込む

搭乗用の飛行機を探している際には、ギター片手に空港のロビー内をうろうろしてました。

色々な人に変な目で見られましたね。

傍から見たら、完全に売れないミュージシャンみたいな恰好

やっと搭乗口についた後は、搭乗手続き中に、

「ギターは大きすぎて持ち込めません」

なんて言われないか内心めちゃめちゃ不安。

 

ただ、いざ搭乗手続きになってみると、パスポート・チケットを確認されるだけでギターに関しては指摘なし。

飛行機に搭乗する際も係の方に何を言われることもなくスルー。

ホントに何事もなく、ギターを飛行機内に持ち運ぶことができました。

 

飛行機に一度ギターを持ち運んでからは、CAの方が別室のキャビネットに収納してくれました。

「降りる際に声をかけてネ」とのこと。

思ってた100倍楽勝にギターを持ち込むことができました。

ちなみに、飛行機によっては普通に客席上の荷物入れにギターがすっぽり入ることも。そうじゃない場合はおとなしくCAさんに相談すれば、別の場所で保管してくれる

ここまでで問題らしい問題は何一つ起きませんでした。

快調です。

乗り継ぎでトラブル!?

成田空港を離れた後は、アトランタ空港に到着。

 

アメリカの空港って規模が違いますね。

このアトランタ空港はなんと世界最大規模の空港らしく、めちゃくちゃデカかったです。

海外経験0のKotaniにとっては空港内で電車なんて初めて

乗り継ぎのために、

「一度預けた荷物を受け取って、再度別の飛行機に預ける」

という必要があったため、一旦荷物を引取りに。

 

ここでトラブルが発生。

 

預けたもう一本のギターがどこを見渡しても見つからない。

 

ベルトコンベアの前で待っても何も来ない。

じーっと荷物の出入り口を見つめても何も無し。

 

これは別の場所に行ってしまったか、

最悪盗まれたのか、

なんて思いながら待っても待ってもギターが来ないので、空港の係の方に相談すると、

待っても来ないなら、最終目的地の空港で紛失届けを記入してください

との返答が。

 

人生初のアメリカでしたが、テンションはどん底。

無事目的地に到着すると…

結局、乗り継ぎの6時間ほどを空港内でつぶした後、アトランタ空港を後にして大学の最寄り空港に到着。

スーツケース・飛行機内に持ち込んだギター・手荷物。

先ほどロストした(?)ギター以外は、目的地の空港にたどり着くことができました。

 

トータルで20時間くらいかかった超長旅。

ホントに飛行機が嫌いだから、早くアメリカと日本も地続きになってほしいね

荷物の紛失の届け出を出さなきゃ、と思いながら荷物を受け取りに行くと…

なんと無くしていたと思っていたギターがちゃんと届いているではないか!

 

どうやら、成田空港で「精密機械」として別窓口で預けていたため、乗り継ぎで他の荷物と一緒に降ろされずにそのまま運ばれていった(?)様です。

もしくは別の便でアメリカの空港に運ばれていたのか…

 

理由はよく分かっていないですが、無事届いたので何より。

飛行機で楽器を運ぶときに、通常とは違う窓口で預けた場合には注意が必要ってことだ

【海外に楽器を運ぶ】アメリカの留学先に飛行機で自らギターを持っていって思ったこと

郵送もせず、他人に頼ることもなく。

あるのは己の腕力と飛行機会社の寛容さのみ。

 

ギターを飛行機で直にアメリカに持っていったわけですが、ぶっちゃけかなり大変でした。

私は自分自身の経験から、海外に楽器を「郵送するか・直に持っていくか」という事は、

「労力と金を取るか・安心を取るか」

この二択なんじゃないかな?と感じました。

謎の安心感がある

ギターを直に持っていくと、言うなれば

「常に手元にギターがある」

という状態なので、逐一生存確認できるというのがいいですね。

 

飛行機内に持ち混んでしまえば、まずギターをロストするなんてことは起きません。

ギターを運ぶのに余分に金もかからない、という点も素晴らしい。

楽器用に席を購入する場合は別

郵送だとそれなりの値段はやはりしてしまいます。

これはかなり大きい。

とにかく重い。運ぶのがしんどい

とにかく重い。

運ぶのが辛い。

 

空港内で荷物を運ぶ時など、重いしかさばるしでなかなか大変でした。

特に、乗り継ぎをした空港では、全ての荷物を持ったままで空港内をウロウロしなければ行けないワケで…

めちゃくちゃ荷物が重かったです。

 

特にアメリカの空港は規模が日本の物とは段違いなので、移動する際にギターを運ぶのがとにかく大変。

空港内にいる時には「盗難に気を付けなければいけない」という問題も。

どこに行くにも、必ず重いギターを運ばなければいけないので、ホントに大変。

トイレに行くだけでも席に置いていくなんて絶対できませんし。

めちゃめちゃ疲れる

実際に飛行機で自分でギターを持っていくと、めちゃめちゃ疲れます。

重いし、盗難に気を使わなければいけないし、そもそも運ぶのがめんどくさい

もれなく次の日は筋肉痛になりました。

 

飛行機内でCAさんにギターを預けたり、というやり取りもあってか精神的にも結構疲れました。

渡米した時は飛行機内ですらまともに英語が話せなかったから、英語を話すのが本当に苦痛だったんだよね

ギターを持って空港内を歩いてると、謎にテンションの高い外国人に絡まれますし。

そんなに絡まれてもこっちは英語が話せないんだけどね…

なんて毎回思ってました。

 

まあ、ギターを飛行機で運ぶというコトは一長一短です。

国内線だったりの短い時間だったらまだしも、何十時間もギターを常に持ち運ぶなんて楽なワケはないですからね。

今後同じ機会があっても、金があったら絶対自分では運ばないかな

ぶっちゃけ、海外にギターを運ぶ際には「無くなってもいいや」くらいの気持ちで、飛行機に預けてしまうべきなんじゃないか?

と思います。

 

それでは、今回はこの辺で。

それでは。

ここまでブログを読んで頂いきありがとうございます。

ちなみにKOTANIはLINE@をやっており、コチラでは

  • 時事的な情報
  • お金の話
  • アメリカ進学関係
  • 英語学習関係

などなど、

ブログには書けないような、ちょっとしたお話をお送りしていきます。

 

個別にアメリカの大学や英語学習ついてのお話がしたい!みたいなのもウェルカムですので、お気軽に。

基本的に、変な人でなければ99%返信します(笑)

 

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@の登録はこちらからどうぞ↓

 

Add friend

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA