アメリカ留学・英語学習の相談のご依頼について【本気で悩んでいる人向け】

アメリカ留学・英語学習のご依頼について

  • アメリカの大学に留学したいけど、何をしたら良いか分からない
  • 自分にとって最適な進学先の大学を見つけたい
  • 海外留学に向けて英語を話せるようになりたいけど、何から勉強したらよいか分からない

アメリカ留学や英語学習に関する悩みを抱える方へ向け、相談セッションを開催しています。

 

今まで様々な方からアメリカの大学進学・留学に関する相談を受けてきました。

さらに、Kotani自身アメリカの大学で生活するにあたって、様々な特異な経験をしてきました。

成功体験よりも、むしろ圧倒的な失敗体験から色々な知見があります

アメリカの大学進学や英語学習に関する診断・分析にはかなり自信があります。

お気軽にお申し込みください。

ご相談料金

料金5,000円 / 時間

以後30分ごと 3,000円

※時間単位での料金となるので、お子様と保護者様がご一緒にご参加される場合でも一律の料金となります。

※アメリカ大学進学や英語学習のサポートを始めとする、長期的なコンサルについては要相談。

お申込みの流れ

留学相談セッションへの申し込みは、

  1. クレジットカード or 銀行振込によるお支払い
  2. 入金確認後、スケジュールの調整・予約
  3. Skype or Chatworkで相談

という流れになっています。

何かご不明点あればお問い合わせください。

 

\ クレジットカードでのお支払いはコチラ /

相談セッションに参加する

お支払い完了後、Skype・Chatworkの連絡先や注意事項を添付したファイルをダウンロードしてください。

 

\ 銀行振込 /







お問い合わせ後、振込み先の銀行口座をご提示します。

コチラも入金を確認後、連絡先・注意事項を記載したファイルを送付いたします。

 

Lineからのお申し込みも可能です。

 

\ Line /

KotaniのLine

 

アメリカ留学関係について相談していただいた方には、特典としてコチラの有料公開記事をプレゼント中です

GPA2.3でもアメリカ名門大学に合格した理由と戦略 【底辺高校生Kotaniのアメリカ大学出願戦略】

Kotaniの実績・今までの経験

アメリカ留学関係

偏差値40の底辺高校生から米名門大学に合格

14校へ出願 → 10校に合格

(私立リベラルアーツ大学 8校 & 州立大規模大学 2校)

留学エージェントを介さず、大学出願のプロセスを全て自力で行う

出願先の大学の選定、必要書類(財政証明や高校時の成績証明等)の作成、出願先の大学との掛け合い(採用担当官とのコンタクトや奨学金の交渉等)など。

実際に、奨学金額を担当官との交渉から年間$10,000程度引き上げた、Merit-basedからNeed-basedへ切り替えさせた経験も。

無名だが良質という米大学を選定し、実際に進学

アメリカに4,000校ある大学の中から、ランキングサイト等ではあまり紹介されないが、非常に教育の質が高い大学を選出し進学。

実際にアメリカのトップ校の中から、100校を超える大学の情報を選定し、比較・吟味した経験から、本当に価値のある大学を選別。

参考 → 4,000校の大学の中からベストな大学を選定する方法

大学出願過程のミスで多額の奨学金を逃し多額の借金を負った経験

Need-based奨学金を受給するも、申請時の書類作成のミスにより、学費1,000万円分の負債を抱える。

この時の経験から、留学コンサル利用者の年間100万円での私立リベラルアーツ大学への進学を実現。

参考 → Kotaniの留学コンサルで私立リベラルアーツ大学に年間100万円での進学を実現

アメリカ現地での生活経験(免許取得・車の購入・アメリカの格闘技ジムに通う等)

その他にも携帯電話契約、自動車保険や健康保険の契約等。

アメリカの大学での学業経験

アメリカの大学で実際に長期間在籍し、現地の学習システムの中で生活した経験から。

特に英語があまり得意でない留学生が、アメリカの大学の授業に如何にしてついていくかという、米大学での学習におけるTIPSについて。

英語学習関係

TOEFLを3ヵ月で40点スコアアップした経験

アメリカの大学出願時に短期間でTOEFLのスコアアップをした経験から、スコアアップに必要な要素や具体的な学習法、学習タイムライン等を熟知。

全く英語が話せない状態でアメリカでの現地生活をした経験

実際に全く英語が話せない状態で米大学に進学し、1ヵ月ほどで現地での生活上問題ないレベル日常英会話力を習得。

この経験から、最低限の日常英会話を身に付けるための考え方や、学習者の英語レベル別に取るべき具体的な学習方法を熟知。

参考 → 0から英語を話せるようになるための学習法

相談内容について

  • アメリカの大学への進学・留学を前提とした英語学習について
  • 実践的な英会話力の身に着け方について
  • 英語力の段階ごとの具体的な英語学習法について
  • 具体的なアメリカの大学進学への流れのご説明・明確化
  • アメリカの出願先の大学の選び方や、オススメの大学の選定
  • アメリカの大学出願時の合格率を上げる方法
  • 現地でのトラブルの解決方及び対策
  • ご相談者様の現状分析

上記はご相談いただける内容の一例になります。

その他にも、英語学習・アメリカ大学進学・アメリカ生活等、Kotaniに答えられる範囲であればご質問いただくことが可能です。

(「相談内容がセッション内で対応できるモノなのか分からない」という場合には、あらかじめ事前にお問い合わせください)

 

専門はあくまでアメリカ留学に関する内容になります。

アメリカ以外の国への大学進学や、語学留学に関する事はKotnaiではなく別の方にお問い合わせください

今までにご相談頂いた内容の一例

アメリカの留学先の大学でなかなか英語力が上達しません。どのような勉強法が対策になりますか?
アメリカの大学進学について気にはなっているのですが、具体的な大学進学の手順や、大学進学のために何をしなければいけないのかが全くわかりません。

アメリカの大学進学に向けて具体的にどのようなことをしなければいけないのか、具体的に教えてください

英語が全然話せないわけでは無いのですが、現地でアメリカ人の友達がうまく作れません。

私がアメリカ人の友達を作るためには、具体的にどんなことをするべきなのでしょうか?

アメリカの大学に留学している娘から、最近「精神的ストレスで辛い。日本に帰りたい」というLineが来ます。

親としては何をするべきなのでしょうか?日本に帰国させるのか、アメリカの大学で頑張らせるのか?いち留学生としての考えをお聞かせください。

アメリカの大学への進学が決まったのですが、コロナの影響で一年渡米を延期しました。

アメリカの大学に入学するまではそれなりに時間ができたのですが、英語学習では具体的にどんな事をするべきなのでしょうか?また、英語学習以外にも、留学前にやっておいた方が良いことはなにかありますか?

 

例えば、「私の状況や将来の目標から、アメリカ留学は選択肢として有用なのでしょうか?」といった様な、漠然とした相談内容や悩みでも問題ありません。

Kotaniと一緒に現状を把握し、「何を悩んでいるのか・何をするべきなのか・どう考えるべきなのか」というポイントをしっかりと明確にしていきましょう!

ぜひお気軽にご相談してください。

 

\ クレジットカードでのお支払いはコチラ /

相談セッションに参加する

お支払い完了後、Skypeの連絡先や注意事項を添付したファイルをダウンロードしてください。

 

\ 銀行振込 /







お問い合わせ後、振込み先の銀行口座をご提示します。

Lineからのお申し込みも可能です。

 

\ Line /

KotaniのLine

 

サイト: La liberté
管理者: Kotani