アメリカ留学

絶望的にうるさいアメリカの大学寮生活について語るよ【留学中の騒音問題と対策法】

こんにちは。Kotaniです

本日は、日本人留学生とは切っても切れない関係である大学寮生活についての話を。

数ある大学寮生活中のトラブルの中でも、今回は騒音(大学寮うるさすぎ)問題についてお話していこうと思います。

 

この記事で分かる事

  1. アメリカの大学寮生活はどれくらいうるさいのか
  2. アメリカの大学寮での騒音問題の理由と原因
  3. 快適な大学寮生活を送るための対策法

 

おそらく殆どの日本人の方が、アメリカの大学寮での生活を余儀なくされると思うんですが。

アメリカの大学に留学して、大学寮以外の環境で生活している人ってどれくらいいるんですかね?

アメリカの大学寮はどれくらいうるさい?実態について

まずいきなり結論ですが、アメリカの大学寮での生活は基本トラブルまみれ。

モノは盗まれるわ、週末は酔っ払いであふれるわ、ルームメイド同士で献花するわ…

マジで問題だらけなんですよ。

アメリカの大学寮での盗難は日常茶飯事です【アメリカ留学中のモノの管理と盗難対策】 いきなりぶっちゃけますが、アメリカの大学寮では日常茶飯事的に盗難が発生します。 今回は、アメリカの大学寮の話の中でも「盗難...

アメリカの大学寮での盗難問題について

 

もちろん騒音問題についても例外ありません。

アメリカの大学寮は、特に1年生の内はルームメイトをランダムに決めらるのですが。

そうなるともちろん、フロアメイトも完全にランダムです。

ルームメイトだけでなくフロアメイトも、文化も考え方も違う人だらけ。

アメリカの大学寮ってそんな環境です。

 

アメリカ人だけを見ても「様々な考え方・価値観を持った人たち」であふれかえっているのに、これに世界各国からの留学生がプラスされるわけですからね。

そりゃあトラブルが無い方がおかしい

大なり小なりと程度の差はあれど、皆不満を抱えながら生活する事になります。

アメリカの大学寮での騒音問題も、このような価値観や文化の違いによって引き起こされる問題の一つ(?)です。

 

比較的静かな寮ももちろんあります。

ただ、基本的に大学寮はうるさいですし、パーティードームの様な場所に住んでしまうとホントに悲惨です。

アメリカ留学中のパーティー事情について日本人の9割が知らないことを語る【パーティー用の大学寮に住んだ話も】 本日はタイトル通り、アメリカの大学留学中に一度は経験するであろう、「パーティー」についてのお話し。 ホームパーティーや新入...

パーティー用の大学寮に住んだ時の話+アメリカの大学のパーティーについて

 

個人的な経験からは、一年生専用の寮はパーティードームでなかろうとうるさくなる傾向があるように感じますね。

「友達がまだあまりいない+授業が比較的楽で遊ぶ時間がある」

といったことが理由なのでしょうか。

あくまで、私個人の主観ですが。

【アメリカ大学寮生活はうるさいぞ】騒音問題の原因と理由

アメリカの大学寮がうるさいのにはいくつか理由があります。

大学寮の構造的な問題と人為的な問題の2種類の理由があるね

壁が薄い(大学寮の構造的な問題)

アメリカの大学寮がうるさい一番の原因がコレ。

 

アメリカの大学寮の壁って、とにかく薄いんです。

なぜかは知りません。

 

ドアもとにかく隙間だらけですし、建物全体が音がよく響く様な設計になっています。

普通の生活をしていても、周りに生活音が漏れてしまう。

なんていうレベルの壁の薄さです。

聞き耳を立てれば部屋の中で何をしてるか分かるレベルなんだよね…

部屋の中で電話をしたりテレビをつけたり…

音が外にすべて筒抜けになります。

隣の部屋からも微妙に音が聞こえてきたりしますし。

夜に静かな部屋で寝ていると、ほんとにハッキリと隣人の生活が聞こえます。

たとえ自分の部屋にいたとしても、他人の生活感を常に感じます。

他人に対する配慮が無い(人為的な問題)

ぶっちゃけて言いますが、アメリカ人(アメリカの大学生)に「他人への配慮」といった概念はありません。

時間帯をまったく気にせず爆音で音楽を聞いたりもしますし、とにかく話し声がでかい。

部屋でも、隣人を全く気にせず騒ぎまくる。

もちろん全員がそういう人なわけではないですが、あくまでそういった傾向が強いです。

 

最初は私が気にしすぎなのかな?とも思っていました。

ただ、同じ日本人の友達や、もはやアメリカ人ですら隣人のうるささに苦情を発していましたね。

 

部屋の中で爆音でダンス系の音楽を流して、プチパーティーをやってるみたいな人も結構多いんですよね。

夜中に平気でそういうことをするのは、マジでやめてほしい。

まあ、他人への配慮の意識の低さはもはや「アメリカという国の醍醐味」と思って諦めた方が良さそうですね。

【アメリカ大学寮生活はうるさいぞ】騒音問題への対策法

先程もお話しましたが、アメリカの大学寮での騒音問題の原因は「壁の薄さ」といったような、構造上どうしようもないケースもあります。

自分の力ではどうにもならない部分があるのも事実。

なので、アメリカの大学寮での騒音問題を解決するための現実的な解決策としては、

「騒いでいる・うるさい人間をどう黙らせるか」

という方向で考えていく必要があるワケです。

大学寮の構造を変えるのは無理だけど、うるさい隣人を黙らせることなrあできるからね

1. パーティードーム・うるさい寮を避ける

何か問題に直面したときに一番簡単な解決策は、ズバリ「問題の原因から逃げる」というコト。

うるさい人間が集まる寮だったり、伝統的に騒ぐ寮を避ける。

なんてコトが、生活中の騒音問題から逃れ、快適な毎日を送るための根本的な解決策になります。

 

先ほども少しお話ししましたが、アメリカの大学寮の中にはパーティードームと呼ばれる、連日パーティーをやっている超うるさい寮があったりします。

基本的にフラタニティやソロリティが団体で居住している寮だね

間違ってパーティードームに入寮してしまったらアウト。

終わりです。

 

こういった所はもはや、

「パーティーで騒ぐコトを前提にした」

そんな寮になるので、もはや文句すらつけることができません。

パーティードームについては、詳しくは以下の記事を

アメリカ留学中のパーティー事情について日本人の9割が知らないことを語る【パーティー用の大学寮に住んだ話も】 本日はタイトル通り、アメリカの大学留学中に一度は経験するであろう、「パーティー」についてのお話し。 ホームパーティーや新入...

アメリカ留学中のパーティー事情とパーティードームに住んでしまった話

 

パーティードーム以外にも、音楽系のイベントを頻繁にやっていたりなど…

色々とうるさい寮は存在します。

なんにせよ、そういった寮を避けるには事前に調べるコトが大切になりますね。

 

万が一そういった大学寮に住むことになってしまったら…

諦めましょう。

 

後は、基本的にどんな寮に住むことになっても、最低限耳栓かヘッドホンくらいは持っておきましょう。

「アメリカの大学寮に必要なモノリスト」に、私がヘッドホンだったりを入れているのはこういった理由からです。

アメリカ留学に必要な持ち物&ぶっちゃけいらない物をリストにしてまとめました アメリカの大学留学で必要になる持ち物をリストにしてまとめました。 それと同時に、ぶっちゃけアメリカ留学にはいらない・不必要...

アメリカの大学寮生活に必須なモノリスト

2. シンプルに騒いでいる本人に注意する

「常軌を逸したレベルでうるさい」

そんなヤツがいたら、それはしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

基本的に相手がまともであれば、話して伝わるケースが多いです。

これは、ルームメイトだろうがフロアメイトだろうが同じです。

 

とりあえず、自分はこう思っていて困っている、ということを相手にしっかりと伝えましょう

特にアメリカは「沈黙は肯定である」を地で行く文化です。

だんまりとしている相手に対して、顔色を伺いながら

「何か迷惑はありませんかね…?うるさすぎませんかね..?」

なんていう気を使ってはくれません。

 

そもそも、相手が「自分がうるさい」ということに気づいていない場合だってあります。

よく大学寮でギターを弾いてたんだけど、隣人にとっては演奏音がうるさいなんて言われるまでは全く気が付かなかった

まずは、何かしら不満があるのであれば、しっかりと相手に伝えるようにしましょう。

それでも、相手が反論してきたら?

その時は一歩も引かずバトルです。

 

もし自分で伝えるのが不安だったりする場合はコチラの方法を。

3. RAに相談する

アメリカの大学の寮の各フロアにはRAという、いわゆる監督生みたいな人たちが常備されています。

寮で生活する中で何かトラブルが起きた際の仲介などといった役目で、学校側からお金をもらって働いています。

もしも、ルームメイトやフロアメイトと問題を抱えた際に、「相手が怖い」だったり「変なトラブルを起こしたくないから直接話したくない」という場合には、RAに相談してください。

当人同士での話し合いで決着がつかない場合にも、RAに相談するのがベスト

特に英語ができない内は、「ルームメイト・フロアメイトの○○に困っている」なんて伝えたら、ちゃんと解決に向かって動いてくれます。

 

もしRAがマトモに仕事をしないなんて場合は、こちらの方法を。

4. Residential Departmentに相談する

RAに話しても解決しない場合には、いよいよ残された方法としては、

「Residential Department に直談判する」

なんていうくらいしか方法がなくなります。

 

Residential Departmentとは、生徒のキャンパス内での生活に関することをマネジメントする部署のコトで、

  • 部屋割りを決める
  • 寮やキャンパス内のアパートの設備に不備があった場合は修理・建設する
  • 生徒の寮に対する不満を解消する

みたいなことを扱っています。

言うなればアパートの管理人みたいなものかな

何かしら寮内で人間関係上の問題を抱えた際の最後の砦が、このResidential Departmentになります。

 

ただ、私は今まで大学の寮で生活している中で、人間関係上の問題をResidencial Department に相談して解決してもらった、という事は聞いたことは無いです。

大体はそこに至るまでの、RAの仲裁だったりで解決しているケースが多いです。

ただ、先ほどもお話ししたように、RAが使えないヤツであれば Residential Departmentにお世話になる可能性はあります。

 

基本的にこの部署が大学の寮生活全般をコントロールする権限を持っているので、何かあった際には、一番強力なサポートになります。

権限的には、問答無用で立ち退きをさせることだってできるので。

ちゃんとこちら側が正しいという前提であれば、最後にはココに泣きつけば何とかなります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

基本的にアメリカの大学寮は、建物の貧弱な防音性能アメリカ人の陽気な国民性もあってか、とてもとてもうるさいです。

他人への配慮も無い方も多いですし。

そもそも「騒ぐコトが文化!」みたいなことを言い張る(実際にそういう文化の国もある)人もいます。

ブラジルとか典型だね

こういった人が隣人になった際には、騒音問題を解決するためにはバチバチにやり合う必要があるわけです。

ただ、こういった経験もまあアメリカ留学っぽくって悪くないんじゃないのかな?とも思いますけどね。

 

それでは。

ここまでブログを読んで頂きありがとうございます。

ちなみにKOTANIはLINE@をやっており、コチラでは

  • 時事的な情報
  • お金の話
  • アメリカ進学関係
  • 英語学習関係

などなど、

ブログには書けないような、ちょっとしたお話をお送りしていきます。

 

個別にアメリカの大学や英語学習ついてのお話がしたい!みたいなのもウェルカムですので、お気軽に。

基本的に、変な人でなければ99%返信します(笑)

 

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@の登録はこちらからどうぞ↓

 

Add friend

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA