英語学習

英会話初心者が英語を話せる様になるまでの5つのステップ!【現役アメリカ大生が実践した勉強法】

こんにちは。Kotaniです。

おそらく、この記事を読んでいる方のほとんどは、

 

英語を話せるようになりたい!
でもどうやって英語を勉強すれば良いのか分からない…

 

という方が非常に多いのかと思います。

そこで今回は、文字通り英語力0でアメリカの大学進学した私が実践した、

確実に英語が話せる様になる「英語学習のロードマップ」

についてお話していきます。

 

さっそく本編を見る

英会話初心者が英語を話せるようになるまでの5つのステップ

 

高校最後の年にアメリカの大学に進学すると決め、
英語学習を始める前まで、私の英語力は文字通り0でした。

海外に住んだ経験も無ければ、
英語の授業も真面目に受けてこなかった。

高校時代の英語の成績も
下から数えた方が早いほどでした。

 

アメリカの大学に進学するために渡米した後も、
しばらくの間は全く英語が話せなかったので、

アメリカ人とも思う様に意思疎通できない日々が続きました。

友だちを作ろうにも英語が話せず、
英語が全く理解できないから授業にもついていけない。

レストランに行っても自分の好きな食べものを注文できない。

ただただひたすらに辛いだけの毎日。

 

アメリカの大学でFを取って落第した経験から語る!留学後に失敗しないための対策法今回は、アメリカ大学での体験談です。特に、留学を控えている方・アメリカ正規留学に興味がある方は必見です。 アメリカの大学といえば「...
アメリカ留学中の精神的ストレスでうつになって日本に帰りたくなった話大半の日本人の方がアメリカ留学と聞くと思い浮かべるのが、 優秀な教授や生徒と学ぶ最高のアカデミックライフ パーティーやイ...

 

 

しかし英語がしっかりと話せるようになった今では、

カフェで出会った見知らぬ人と雑談を楽しみ、
ディーラーと車の購入の交渉をして中古車を購入し、
買った中古車で大学の友達とアメリカ中を旅行したり、

といった様な、そこそこ充実したアメリカ生活を送れるようになりました。

大学内でも、友達がその友達を紹介してくれたり、
見知らぬコミュニティにお邪魔して知り合いを増やしたり、
知り合う人がまた新しい人を紹介してくれたり、

といった好循環に陥るようになりました。
英語が話せなかった時代では、絶対にできなかったことばかり。

 

もともと全くといっていいほど英語ができなかった私でしたが、今振り返ると

 

思ったよりも英語って簡単に話せる様になるんだな

 

という事を痛感しました。

 

私は、アメリカの大学に進学するにあたって英語学習を始め、
現地で英語漬けの生活を送ってきましたが、

回り道をしたり、効果の無い学習法で時間を無駄にする
という経験がいくつもありました。

今から英語を学んでいこう!という方が同じ失敗を踏まないため、

最短距離で英会話ができる様になる具体的な学習法について解説していきます。

英会話初心者が英語を話せるようになるまでの5つのステップ

Step 1. 英語の基礎を身に着ける

英会話初心者の方が英語を話せるようになるためには、
まずは英語における基礎をしっかりと身に着ける必要があります。

英文法と語彙力ですね。

基礎が無いと何も始まらないので、腹をくくって勉強しましょう。

英文法はそもそも必要ない?

英文法に関してですが、

英会話における英語の文法の勉強は
全然難しくないので安心してください。

どの程度の文法を理解していれば良いのかと言うと、

「中学英語程度の基礎的なレベル」

をしっかりと理解できていればOKです。

結構簡単ですよ。

 

そもそも、英語を運用する上で英文法はそんなに難しい物ではありません。

TOEFLの様なハイレベルな英語力を測るようなテストでさえも、

中学レベルの英文法を理解できていれば十分に対応することができます。

実際、アメリカの大学のような環境であっても、
中学英語以上の文法は必要になる事は無いです。

  • 授業の課題のリーディング
  • 論文制作
  • クラス内のディスカッション
  • 教授のレクチャー

大学で使う英語ですら、中学英語の文法力で十分対応できます。

「さすがにそんなことは無いでしょ?盛りすぎだよ」

と思う方もいるかもしれませんが、これはマジです。

大学レベルの英語が難しく感じるのは、

  • 単語や言い回しが難解
  • 内容がそもそも専門的で理解しにくい
  • 単純な文法構造が絡み合って複雑に感じる

といったことが主な要因になるので、英文法のせいではないんですよね。

これはTOEFLの勉強だったりをすると実感してもらえると思いますが、話がそれてしまうのでここでは割愛。

 

英語の文法は中学校のレベルでほぼ完成しているので、
普通に義務教育を受けてきた方であれば、

英会話において必要となる文法の基礎はすでに出来上がっているはずなので、

軽く中学英語文法の復習をする程度でOKです。

 

参考書は正直何でも大丈夫です。

ここでは、学生の方には馴染み深い(?)フォレストを参考書としてオススメします。

英単語はどれくらい覚えれば良いの?

日常生活や海外旅行で必要となる語彙力の目安は

「およそ3,000語程度」

と言われています。

3,000語というと少し多く感じるかもしれませんが、

実際の所は中学英語に毛が生えた程度です。

 

日常英会話にはどれくらいの単語力が必要なの?→思ったよりも少ない単語数でOK!こんにちは。 今回は、英語学習において立ちはだかる壁である英単語について、 「日常英会話にはどれくらいの英単語が必要なの?」...
TOEFL英単語の超効率的な覚え方は「文章で覚える」こと!TOEFL対策には絶対に欠かせない英単語学習ですが、 「とにかくひたすら英単語帳を眺め、意味を頭に叩き込む」 という、非常に...

 

もちろん、たくさん英単語を覚えて語彙力をしっかりと付けた方が、英語を話す上での表現の幅は広がります。

大学に留学したりする人は、3,000語よりも遥かに多くの英単語を覚える必要があります。

 

しかし、旅行先で英語を使ったり、アメリカ人の方と英会話をするなんて場合でも、3,000語を基準とした、基本的な英単語さえ覚えて置けば何も問題ありません。

大体3,000語程度の英単語が分かれば、英語でコミュニケーションを取る上では問題無いですよ。

中学レベルの英語力で、カナダにホームステイしても何も問題なく生活できた過去の私が証人です。

Step 2. リスニング力を鍛える

第二言語として英語を習得する上では、

圧倒的なインプットが必要である

という事が最新の言語研究におけるメジャーな理論になっています。

そして、特に重要なのが、

  • リスニング力を鍛えるための膨大なインプット
  • 自分の言いたことを伝えるための英語表現のインプット

という2つのインプットになります。

 

英語でコミュニケーションを取る上では、

相手の伝えたいことを理解するリスニング力がなければ成り立ちません。

 

そこで、リスニング力を鍛える必要があるのですが、多くの人が、

「英語の音源をたくさん聞けばリスニングができるようになる」

という考えから

「ただひたすら英語を聞きまくる」

という学習を行っていますが、これは大きな間違いです。

これで英語力が上達するのは子供のみです。

 

英語の音を聞き取る力聞き取った英語を理解する力

という2つの能力があって初めて英語のリスニングができるようになるのですが、

英語をただ聞いているだけの学習法では、
非常に遠回りで時間を無駄にしてしまいます。

陸上競技で早く走るためには、ひたすらセット数を重ねる前に正しいフォームを覚える事が重要であるのと同じく、

リスニングにおいてもまずは基礎力をしっかりと鍛えることが重要になります。

まずは、リスニング力の根幹となる基礎を築き上げる必要があるのです。

 

https://josxp.com/listening-1/

https://josxp.com/listening-good-texts/

Step 3. 英語の定型文を覚える (スピーキング対策)

英会話初心者の方が、最初から

 

フリーハンドですらすらと英語を話せるようになる

 

という事を目指すのは間違いです。

最初の内は、

「質問に対しては覚えた定型文でそのまま返答する」

という事から始めましょう。

そして、徐々にその定型文を状況に合わせてアレンジしていくようにしましょう。

 

アイディアとしては、ジャズなどのインプロビゼーション(即興演奏)の練習と似ていますね。

 

私が渡米したばかりの頃は、

TOEFLの勉強をしていたおかげもあってか、
ある程度英語の読み書きをする能力はあったのですが、

肝心の英会話力は0といっても良いレベルでした。

特に、ある程度相手が何を言っているのかが理解できても、

アメリカ人の英語に対して返答することが全くできませんでした。

 

ただ、私が英語が話せなかろうが、
アメリカにいる以上は英語を話さなくてはいけません。

 

最初は聞かれたことに対して単語レベルでの受け答えしかできませんでしたが、

それがだんだん返答する際の単語量も増えてきて、

やがてはしっかりとした文章レベルでの返答ができる様になりました。

 

時間が経つにつれ自然と英語で返答ができるようになっていき、ある日

「昔は難しく考えていたけど、返答するとには毎回似たような言い回しをしているな」

という事に気づきました。

 

要は、状況に応じて定型文を少し変化させて言いまわす

だけで、全然英語は話せるというワケです。

そのため、英語が自然とすらすらと出てくるようになる前には、

「まずは定型文をある程度覚えてしまう」

というのは、特に英会話初心者の方にはとても効果的な学習法だと実感しました。

Step 4. とにかく英会話の実践経験を積む

上記のステップを経て英会話における基礎力をしっかりつけたのであれば、後はひたすらアウトプットするだけになります。

ここで言うアウトプットとは、
覚えた定型文をひたすら口に出すという事では無く、

「英会話」をするという事です。

 

英語を話せるようになりたいのであれば、

「とにかく話まくる」

という事が最も効率的な方法ですよね。

とにかく、英語を話す機会をたくさん作ってください。

 

私は18でアメリカの大学に進学し、

英語が公用語であるアメリカ社会で生活していたため、
嫌でも英語喋る機会がたくさんありましたが、

何も英語を話せるようになるために海外に行く必要なんてありません。

 

最近は日本にもたくさんの外国人の方が訪れるようになりました。

日本人の中でも英語を話せる方が増えてきています。

知り合いの方に英語を話せる方がいるのであれば、
その方と話すのも良いでしょう。

そうでなければ、英会話スクールに通うという選択肢だってあります。

最近のオンライン英会話スクールには、
月額1万円以下で毎日利用し放題

なんてサービスもあります。

 

現代においては、

「英会話スクールに通って英語を話す」

という事は誰にでも手の届くモノになっています。

 

https://kotwoo.com/osusume-eikaiwa/ ‎

 

月に1万円を支払う事すら嫌だという方は、
モノの価値に対する認識を改める必要があると思いますよ。

 

これだけサービスが充実していて、
金も機会にも恵まれた環境で生活しながら、

「日本にいるから英語が話せない」
「日本では英語を話す機会がない」

という言い訳は通用しません。

日本にいても英語を話せるようになります。

実際の経験からしか分からないことがある

英会話上達において実践経験が重要なもう一つの理由が、

 

英語と日本のコミュニケーションスタイルの違いを理解する

 

という事にあります。

アメリカ人の方と話すのと、
日本人の方と話すのでは、

会話のスタイルに大きな違いがあります。

  • 会話中の間やテンポ
  • 話題を変えるタイミング
  • 相槌の入れ方
  • アイコンタクト
  • ボディーランゲージ
  • 話を聞く姿勢等

英語と日本語では、これらが大きく異なってきます。

 

私も初めてアメリカに来た時には、この両者の違いに大きく困惑しました。

個人的には、複数人で会話をする際の

話への割り込み方会話の運び方

がかなり苦手でした。

これらのこてゃ慣れるまでかなりの時間がかかりましたし、
これは自分で経験するほかに方法は無いなと強く実感しました。

 

この様な違いは、実際に英会話をして行く中で、
経験として無意識の内に理解していく事が重要になります。

なかなか他人から口で言われても実感できるモノでは無いので、自分で経験する必要があります。

 

英会話をできる様になるため、

要は英語でコミュニケーションを取る上では

こういったスタイルの違いを理解することも非常に重要になり、

これらは実経験からでないと分かりずらいため、
とにかく英語を人と話す必要があるのです。

Step 5. 分析 & 改善のループ

英語学習に限らず、何かを上達させる際には

「自分に足りないものや上手くいっていない原因を究明し、間違いを修正し続ける」

というプロセスを繰り返し行う事が大切になります。

英会話においては、

  • 英語の発音
  • ワードチョイス
  • 言いまわし
  • アクセント
  • 発音のリズム

これらを繰り返し繰り返し改善していく必要があります。

 

「単語の用法はネイティブから聞いて自然なのか?」

という事や、

「この単語の発音は合っているのか?」

という事を気に欠けながら英会話をするのは不可能なので、

正しい単語の用法や発音をできるように、
無意識レベルで繰り返し刷り込んでいく必要があります。

 

また、

英会話のスクールに通ったり、
ネイティブの方と話す機会を作るのは、

「自分が気づいていない英会話上の間違い」

に気づくという意味で、非常に大切なことになります。

 

繰り返しますが、

英会話の機会を確保するためには、

自己投資と思い、お金を惜しむのはやめましょう。

 

英会話ができるようになるというのは、
最も確実性の高い投資先の一つです。

お金を払わずとも英会話をできる環境があるのであれば、
恥でもなんでも捨てて、とにかく英会話に没頭してください。

【初心者が英語を話せる様になるまで】常に不完全と向き合う

英会話の学習を続けるうえで、

「完全にネイティブと同じレベルになる事」

というのは非常に難しいですし、
場合によっては不可能です。

 

英語の発音一つとっても、
第二言語として習得しようとしている以上、

完璧にネイティブ並みに近づけることは困難です。

多少英会話ができるようになっても、ネイティブの様な言い回しをしたり、

ネイティブの方が聞いても違和感ないような英語を操れるようになる事は難しいです。

 

客観的に見てかなりランクの高いアメリカの大学に進学し、
現地の超ハード生活の中で揉まれに揉まれた私も、

「自分の英語力がネイティブに比べて遜色ないレベルだな」

と感じたことは今まで一度もありません。

 

常に、自分自身の不完全な英語と向き合いつつ、
それを完全にするよう努力をしている過程にあります。

「簡単にネイティブ並みの英語を話せるようになる」

と思っているのであれば、それは自分を過大評価しすぎです。

 

一度英語学習を始めたのであれば、
永遠に自分の不完全な英語と向き合う必要があります。

逆に、自分の英語力に過大に期待しすぎる必要も無いと言えます。

 

変にネイティブの方と比べて、

「自分は全然英語が話せない…」

と落ち込む必要は一切ありません。

【英語学習が続かない人は…】環境を変える事も大切

英会話を上達させる上で最も効率の良い方法を考えた際に、

「英語しか話せない環境に身を置く」

という事が最も効率的で効果的な方法である事は、
反論の余地がないと思います。

 

私は元々アメリカに憧れがあったわけでも無ければ、ハリウッド映画が好きな訳でもなかったので、

英語を話せるようになりたいと思う事はありませんでした。

英語が話せた方が便利だとは思っていましたが、

そこまで強いモチベーションを英語学習に対して抱くことはありませんでした。

 

そのため、アメリカの大学への進学を考える前までは、

「プログラミングをする時に便利だから簡単な英語の読み書きができればいいや」

程度の認識しかありませんでした。

 

そんな私が必死で英語を勉強した理由は、

アメリカの大学への進学を決めて、英語を勉強せざるを得ない状況にあったからです。

 

アメリカの大学に提出するTOEFLスコアのため、
英語を勉強する必要がありました。

アメリカの大学に進学した後は、

英語しか通じないため、話せようが話せまいが、
アメリカ人とは英語でコミュニケーションを取る必要がありました。

 

私の場合は、

希望した大学がたまたまアメリカにあり、
アメリカという国では英語が公用語であったため、

アメリカの大学への出願~現地生活の過程で必然的に英語が話せる様になったというワケです。

 

英語を話せるようになる上で根本的に大切なのは時間と経験です。

継続が大切なのです。

そいう言った意味では、英語学習が好きでたまらない方や学習を毎日継続できる方は強いですね。

「ハリウッド映画が好き」
「NYのオシャレなストリートに憧れる」
「アメリカのキラキラした感じが大好き」

私個人は今までこういった考えを「くだらない。中身が無い」と馬鹿にしてきましたが、

英語学習においては最強のモチベーションになります。

 

もしも、英語学習に対してのモチベーションが低く、日々の学習を継続することが困難なのであれば、

「英語を使わなくては生活できないような状況に身を置く」

という事も、選択肢の1つに入れてみると良いと思います。

 

いうなれば、

英語学習を目的では無く手段に変えてしまうという事です。

まとめ: 英会話はそんなに難しいことでは無い

今まで英語学習をして来なかった方からすると、

「英会話ができる様になるのって、かなり難易度が高い」

と感じる事もあるのかもしれません。

 

ただ、英会話ができるようになる事
というのは、あなたが思っている以上に簡単な事です。

「英語が話せる人が言っても説得力がない」

と思うのであれば、英会話を始めてみてください。

1年経て、ある程度英語が話せるようになった時、

「ああ、確かに英会話って簡単だな」

と、私が言っていることも理解してもらえると思います。

 

肝心なのは、

スタートする事

継続する事

このたった2つの事だけです。

 

英語学習のアウトラインは私がすでに描いています。

何を学習すれば良いのかは明確になっています。

格安で利用できる英会話スクールもあります。

後は行動するだけです。

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す