英語学習

英語力0だった私がアメリカ大学レベルの英会話力を身に着けた方法【初心者が日本国内で英語を話せるようになるまでの5つのステップ】

こんにちは。Kotaniです。

今回は英会話の学習法について解説していくのですが、

 

海外留学せずに、日本国内で英語を話せるようになりたい!

 

という方に向け、日本国内で実践できる英会話学習法についてお話していこうと思います。

私は現在はアメリカで生活しているのですが、過去に様々な英語学習を手探りで試し、試行錯誤を繰り返してきました。

私が実際に試してみた方法としては、以下のようなモノがあります。

  1. 対面式スクールで英会話を学習する
  2. オンライン英会話スクールに通う
  3. 英会話カフェに通う

これらの方法を試してみましたが、一番オススメなのはオンライン英会話スクールですね。

 

対面式英会話スクールは、とにかくコスパが悪いですし、グループレッスンだと学習効率がかなり下がります。

通学しなければいけないのも面倒くさいですね。

英会話カフェは、利用するのにそれなりの英会話力が必要になりますし、社交的な性格の方でないと難しいと思います。

そもそも外国人スタッフが、英語を教えるのが上手いわけではない、という問題もあります。

 

そのため、コスパ・手軽さ・学習効果という意味からも、オンライン英会話が一番オススメです。

英会話力の向上という観点からは、個人的にはDMM英会話がオススメです。

DMM英会話の公式ページ
DMM英会話の詳細について

 

もちろん、人によってどのスクールが適しているのか、という事は異なってくるので、その他のオンライン英会話スクールに関しては、以下の記事を参考にしてください。

競合ひしめくオンライン英会話スクールの中から、本当にオススメのモノを選定してランク付けしています。

英語初心者にオススメのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【実績・口コミ・評判から徹底比較!】オンライン英会話スクールと一口に言っても最近は本当に色々なサービスがあり、選ぶに選べないという状況になっている。 英会話の学習を始...

2020年: 英語初心者向けのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【口コミ・実体験・実績で比較】

 

さっそく英会話学習法の本編を見る

英会話初心者が英語を話せるようになるまでの5つのステップ

高校最後の年にアメリカの大学に進学すると決め、
英語学習を始める前まで、私の英語力は文字通り0でした。

海外に住んだ経験も無ければ、
英語の授業も真面目に受けてこなかった。

高校時代の英語の成績も
下から数えた方が早いほどでした。

 

アメリカの大学に進学するために渡米した後も、
しばらくの間は全く英語が話せなかったので、

アメリカ人とも思う様に意思疎通できない日々が続きました。

友だちを作ろうにも英語が話せず、
英語が全く理解できないから授業にもついていけない。

レストランに行っても自分の好きな食べものを注文できない。

ただただひたすらに辛いだけの毎日。

https://kotwoo.com/so-hard-to-study-omg/

アメリカの大学でFを取って落第した経験から語る!留学後に失敗しないための対策法

アメリカ留学中に「鬱かな?」と思ったら取るべき対処法【精神的ストレスとの向き合い方】大半の日本人の方がアメリカ留学と聞くと思い浮かべるのが、 優秀な教授や生徒と学ぶ最高のアカデミックライフ パーティーやイ...

アメリカ留学中に「鬱かな?」と思ったら取るべき対処法【精神的ストレスとの向き合い方】

 

しかし英語がしっかりと話せるようになった今では、

カフェで出会った見知らぬ人と雑談を楽しみ、
ディーラーと車の購入の交渉をして中古車を購入し、
買った中古車で大学の友達とアメリカ中を旅行したり、

といった様な、そこそこ充実したアメリカ生活を送れるようになりました。

大学内でも、友達がその友達を紹介してくれたり、
見知らぬコミュニティにお邪魔して知り合いを増やしたり、
知り合う人がまた新しい人を紹介してくれたり、

といった好循環に陥るようになりました。
英語が話せなかった時代では、絶対にできなかったことばかり。

 

もともと全くといっていいほど英語ができなかった私でしたが、今振り返ると

 

思ったよりも英語って簡単に話せる様になるんだな

 

という事を痛感しました。

 

私は、アメリカの大学に進学するにあたって英語学習を始め、
現地で英語漬けの生活を送ってきましたが、

回り道をしたり、効果の無い学習法で時間を無駄にする
という経験がいくつもありました。

今から英語を学んでいこう!という方が同じ失敗を踏まないため、

最短距離で英会話ができる様になる具体的な学習法について解説していきます。

【英語力0の初心者が日本国内で英会話力を身に着ける方法】5つの学習ステップ

それではさっそく、日本国内でアメリカの大学レベルの英会話力を身に着ける方法について解説していきます。

私は冒頭で、

 

最もオススメする方法はオンライン英会話スクールを利用することだ!

 

という事を述べましたが、もちろん物事には何でも順序があります。

 

とりあえずオンライン英会話スクールを利用すれば、自然と英会話ができるようになるのね

 

というワケではありません。

一部の例外的なスクールを除き、英会話スクールというのは基本的に、英会話をする場所でしかありません。

利用すれば英会話ができる様になるというモノでは無いんです。

英語学習者の多くの方が勘違いしてしまうポイントはコレですね。

 

それでは、以下では日本国内で英会話力を身に着けるための、適切なステップというモノを解説していきます。

Step 1. 英語の基礎を身に着ける

英会話初心者の方が英語を話せるようになるためには、
まずは英語における基礎をしっかりと身に着ける必要があります。

英文法と語彙力ですね。

基礎が無いと何も始まらないので、腹をくくって勉強しましょう。

英文法はどれくらいのレベルが必要?

英文法に関してですが、

英会話における英語の文法の勉強は全然難しくないので安心してください。

どの程度の文法を理解していれば良いのかと言うと、「中学英語程度の基礎的なレベル」をしっかりと理解できていればOKです。

結構簡単ですよ。

 

そもそも、英語を運用する上で英文法はそんなに難しい物ではありません。

TOEFLの様なハイレベルな英語力を測るようなテストでさえも、

中学レベルの英文法を理解できていれば十分に対応することができます。

実際、アメリカの大学のような環境であっても、
中学英語以上の文法は必要になる事は無いです。

  • 授業の課題のリーディング
  • 論文制作
  • クラス内のディスカッション
  • 教授のレクチャー

大学で使う英語ですら、中学英語の文法力で十分対応できます。

「さすがにそんなことは無いでしょ?盛りすぎだよ」

と思う方もいるかもしれませんが、これはマジです。

大学レベルの英語が難しく感じるのは、

  • 単語や言い回しが難解
  • 内容がそもそも専門的で理解しにくい
  • 単純な文法構造が絡み合って複雑に感じる

といったことが主な要因になるので、英文法のせいではないんですよね。

これはTOEFLの勉強だったりをすると実感してもらえると思いますが、話がそれてしまうのでここでは割愛。

 

英語の文法は中学校のレベルでほぼ完成しているので、
普通に義務教育を受けてきた方であれば、

英会話において必要となる文法の基礎はすでに出来上がっているはずなので、

軽く中学英語文法の復習をする程度でOKです。

 

参考書は正直何でも大丈夫です。

ここでは、学生の方には馴染み深い(?)フォレストを参考書としてオススメします。

英単語はどれくらい覚えれば良いの?

日常生活や海外旅行で必要となる語彙力の目安は「およそ3,000語程度」と言われています。

3,000語というと少し多く感じるかもしれませんが、実際の所は中学英語に毛が生えた程度です。

日常英会話にはどれくらいの単語力が必要なの?→思ったよりも少ない単語数でOK!こんにちは。 今回は、英語学習において立ちはだかる壁である英単語について、 「日常英会話にはどれくらいの英単語が必要なの?」...

日常英会話にはどれくらいの単語力が必要なの?→思ったよりも少ない単語数でOK!

 

もちろん、たくさん英単語を覚えて語彙力をしっかりと付けた方が、英語を話す上での表現の幅は広がります。

大学に留学したりする人は、3,000語よりも遥かに多くの英単語を覚える必要があります。

 

しかし、旅行先で英語を使ったり、アメリカ人の方と英会話をするなんて場合でも、3,000語を基準とした、基本的な英単語さえ覚えて置けば何も問題ありません。

大体3,000語程度の英単語が分かれば、英語でコミュニケーションを取る上では問題無いですよ。

中学レベルの英語力で、カナダにホームステイしても何も問題なく生活できた過去の私が証人です。

ちなみに先ほど、

 

英会話に必要な英語の基礎力は大したことないし、今までに多少英語を勉強してきた方なら簡単に身に着けられる

 

と述べましたが、今まで英語を全く勉強したことが無い、という方には簡単にできる事では無いかもしれません。

例えば、今私は独学でドイツ語を学習していますが、知識0の状態だと、基礎的な語彙力や文法の学習と言った、一番最初の取っ掛かりの部分はかなり難しく感じます。

これは英語学習にも同じことが言えると思います。

ハッキリ言って、英語力が0の方にとっては、英語の基礎学習は自力では難しいと思います。

 

さらに、語彙力に関しては、自身の英会話力の向上や、目的に合わせて常に学習を続ける必要があります。

常に学習を継続しなければ、短期間で集中して学習してもすぐに忘れてしまい、結局意味が無くなってしまいます。

ただ、英語学習の継続って難しいですよね。

逆に、学習を継続できないからこそ、英語が話せるようにならないワケなのですが。

そのため、

  • 英語力の基礎の勉強が自力では難しい
  • 長期間自力での学習継続ができない

という方には、通常のオンライン英会話スクールではなく、AQUES英会話というサービスをオススメします。

AQUES英会話は先ほど上述した、利用するだけで英語が話せるようになる、という例外的なスクールです。

 

カリキュラムは英語初心者様に組まれているので、1から英語を学びたいという方にオススメです。

さらに1年単位で専属コンシェルジュの学習サポートがあるので、自力で学習が継続できない、という方には特にオススメです。

通常のオンライン英会話スクール+コーチング系英語学習サービス というハイブリッドスタイルにもかかわらず、普通のオンライン英会話スクールと比べてもコスパがほぼ遜色ないのでオススメです。

AQUES英会話の公式ページ
AQUES英会話の詳細について

Step 2. リスニング力を鍛える = 大量のインプット

第二言語として英語を習得する上では、

 

圧倒的なインプットが必要である

 

という事が最新の言語研究におけるメジャーな理論になっています。

そして、特に重要なのが、

  • リスニング力を鍛えるための膨大なインプット
  • 自分の言いたことを伝えるための英語表現のインプット

という2つのインプットになります。

 

英語でコミュニケーションを取る上では、

相手の伝えたいことを理解するリスニング力がなければ成り立ちません。

そこで、リスニング力を鍛える必要があるのですが、

 

とりあえず外国にと英会話すれば、自然と英語は聞き取れるようになるでしょ

 

という、間違った考えのもとで英語学習を行う方が非常に多いです。

 

リスニング音源をとにかく聞きまくる!

 

という学習法も、同様に間違えです。

これらの、俗に言う多聴という学習法でリスニングができる様になるのは、すでにある程度のリスニング力がある方か、年齢の低い子供のみです。

英語リスニングができない一般の方は、まずは英語の音を聞き取る力聞き取った英語を理解する力という、リスニングにおける基礎的な力を鍛える必要があります。

英語のリスニングができる様になるためには、この2つの能力が必要になります。

英語初心者が短期間でリスニング力を鍛える学習法「精聴」のやり方を詳しく解説!英語運用能力の中でも、多くの日本人に欠けがちなのがリスニング能力です。 18年間日本で英語教育を受けてきた私も、アメリカの大学で自...

英語初心者が短期間でリスニング力を鍛える学習法「精聴」のやり方を詳しく解説!

 

陸上競技で早く走るためには、ひたすらセット数を重ねる前に正しいフォームを覚える事が重要ですよね。

それと同じく、英語リスニングにおいても、まずは基礎力をしっかりと鍛えることが重要になります。

Step 3. スピーキングは「英語の定型文を丸暗記」から始める

  • 文法・語彙力と言った英語の基礎力
  • 相手の言っている事を聞き取るためのリスニング力

これら2つの能力加えて、もう一つ英会話において欠かせない能力が、自分の言いたいことを伝えるためのスピーキング力です。

しかし、英会話初心者の方の中には、最初の内から

 

フリートークができる様になるぞ!

 

という事を目指す方もいますが、これはかなり無謀です。

始めの内は、

  1. 使用頻度の高い英会話フレーズを丸暗記する
  2. 暗記したフレーズを元に英会話をする
  3. 徐々に暗記したフレーズを元にアレンジしていく

というステップで、スピーキングの練習をすることをオススメします。

最初から真っ白なキャンバスの上に絵を描くよりも、全体像の見える下書きがある方が、遥かに良い絵を描けますよね。

発想としては、ジャズなどのインプロビゼーション(即興演奏)の練習と似ています。

「英会話フレーズを丸暗記する」という事に関して、私の経験を少しお話します。

私がアメリカの大学進学のために渡米したばかりの頃は、TOEFLの勉強をしていたおかげもあってか、ある程度英語の読み書きをする能力はあったのですが、

肝心の英会話力は0といっても良いレベルでした。

特に、ある程度相手が何を言っているのかが理解できても、アメリカ人の英語に対して返答することが全くできませんでした。

 

ただ、私が英語が話せなかろうが、アメリカにいる以上は英語を話さなくてはいけません。

最初は聞かれたことに対して、単語レベルでの受け答えしかできませんでした。

しかし、それがだんだん返答する際の単語量も増え、やがてはしっかりとした文章での返答ができる様になりました。

 

時間が経つにつれ、自然と英語で返答ができるようになっていき、ある日気づいたのが、

 

昔は難しく考えていたけど、返答するとには毎回似たような言い回しをしているな

 

という事実です。

要は、状況に応じて定型文を少し変化させて言いまわすだけで、全然英語は話せるというワケです。

そのため、英語が自然とすらすらと出てくるようになる前には、まずは定型文をある程度覚えてしまうというのは、特に英会話初心者の方にはとても効果的な学習法だと実感しました。

Step 4. とにかく「英会話」の実践を積む

上記のステップを経て、ある程度の英語力が身に付いたのであれば、後は実践あるのみですね。

とにかく、たくさん英会話をする機会を作ってください。

当たり前なのですが、基礎練習ばかりしていても英語は話せるようにはなりません。

英語を話せるようになるためには、1分でも多く英語に触れる時間を増やすことが大切になります。

 

そして、「たくさん英会話をすること」が重要なもう一つの意味が、

 

英語と日本のコミュニケーションスタイルの違いを理解する

 

という事にあります。

アメリカ人の方と話すのと、日本人の方と話すのでは、会話のスタイルに大きな違いがあります。

  • 会話中の間やテンポ
  • 話題を変えるタイミング
  • 相槌の入れ方
  • アイコンタクト
  • ボディーランゲージ
  • 話を聞く姿勢等

英語と日本語では、これらが大きく異なってきます。

これらの違いは、実際に経験してみないと分からないと思います。

私も初めてアメリカに来た時には、この両者の違いに大きく困惑しました。

 

この様な違いは、実際に英会話をして行く中で、経験として無意識の内に理解していく事が重要になります。

なかなか他人から口で言われても実感できるモノでは無いので、自分で経験する必要があります。

英語でコミュニケーションを取る上では、こういったスタイルの違いを理解することも非常に重要になります。

そのため、とにかくたくさん英会話をする機会を作ってください。

 

また、特に英会話初心者の方は、レッスンを受ける際に以下のようなポイントもしっかりと注意するようにしてください。

オンライン英会話の効果的な受け方【5つのポイントを抑えてレッスン効率を上げる!】 英会話初心者の方の中には、このようなことに悩んでいる方も多いと思う。 本記事ではそんな方々に向けて、オンラ...

オンライン英会話の効果的な受け方【5つのポイントを抑えてレッスン効率を上げる!】

英語での会話が続かない原因&外国人と英会話を続けるための5つのコツ いざ外国人と英語を話そうとしても、なかなか会話が続かない... と悩む人は非常に多いと思います。 私自身も...

英語での会話が続かない原因&外国人と英会話を続けるための5つのコツ

Step 5. しっかりと復習&分析をする

英語学習に限らず、何かを上達させる際には

 

うまくいかない原因を考え、間違いを修正しする

 

というプロセスを、繰り返し行う事が大切になります。

オンライン英会話を受ける際も同じです。

レッスンを受けた後にも、

 

jこの単語の発音が違うせいで意味が通じなかったから、しっかりと発音を確認しておこう
○○という言い回しより××という言い回しの方がネイティブ的には自然らしいから、しっかりと覚えておこう
講師の質問に対して英語だとなかなか返答が思い浮かばなかったから、パターン別の定型文をいくつか用意しておこう

 

しっかりと、レッスン内容を振り返り、指摘されたポイントや課題点を復習するようにしましょう。

肝心なのは、レッスンを受ける事ではなく、レッスンを通じて学ぶことです。

レッスン終了後には、絶対に学習内容を振り返り、課題点を抑える、という事を忘れずに行ってください。

 

ここでもう一つ肝心になるのが、オンライン英会話スクールの選び方ですね。

スクールや講師によっては、ただ英会話をして終わり。というモノも少なくありません。

中には、英会話初心者の方にあまり親切丁寧でない、という講師もいます。

オンライン英会話を選ぶ際には、

  1. 講師が英会話初心者とのレッスンに慣れているか
  2. レッスン内容に関して細かい指摘をしてくれるか
  3. レッスン外でも学習のサポートをしてくれるか

「毎日レッスンを受ける」という基礎的なこと以外にも、上記の3つのポイントも非常に大切になります。

以下記事で選定したオンライン英会話スクールは、どれも上記の条件を満たした、英会話初心者向けのスクールです。

なかなか自力でオンライン英会話スクールの良しあしを見分ける、という事も難しいと思うので、ぜひ参考にしてください。

個人的なイチオシはDMM英会話です。

DMM英会話の公式ページ
DMM英会話の詳細について

 

英語初心者にオススメのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【実績・口コミ・評判から徹底比較!】オンライン英会話スクールと一口に言っても最近は本当に色々なサービスがあり、選ぶに選べないという状況になっている。 英会話の学習を始...

2020年: 英語初心者向けのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【口コミ・実体験・実績で比較】

【英語力0の初心者が日本国内で英会話力を身に着ける方法】常に不完全と向き合う

英会話の学習を続けるうえで、

 

完全にネイティブと同じレベルになる!

 

という事は非常に難しいですし、場合によっては不可能です。

英語の発音一つとっても、第二言語として習得しようとしている以上、完璧にネイティブ並みに近づけることは困難です。

多少英会話ができるようになっても、ネイティブの様な言い回しをしたり、ネイティブの方が聞いても違和感の無いようなレベルで英語を操れるようになる事は難しいです。

 

客観的に見てかなりランクの高いアメリカの大学に進学し、現地の超ハード生活の中で揉まれに揉まれた私も、

 

自分の英語力はネイティブに比べて遜色ないレベルになったなぁ…

 

と感じたことは今まで一度もありません。

常に、自分自身の不完全な英語と向き合いつつ、それを完全にするよう努力をしている過程にあります。

簡単にネイティブ並みの英語を話せるようになると思っているのであれば、それは自分を過大評価しすぎです。

 

一度英語学習を始めたのであれば、永遠に自分の不完全な英語と向き合う必要があります。

逆に言うと、自分の英語力に過大に期待しすぎる必要も無いと言えます。

 

変にネイティブの方と比べて、

 

自分は全然英語が話せない…

 

と落ち込む必要は一切ありません。

【英語力0の初心者が日本国内で英会話力を身に着ける方法】学習が継続できないなら環境を変える

英会話を上達させる上で最も効率の良い方法を考える際に、英語しか話せない環境に身を置くという事が、最も効率的で効果的な方法である事は、反論の余地がないと思います。

 

私は元々アメリカに憧れがあったわけでも無ければ、ハリウッド映画が好きな訳でもなかったので、英語を話せるようになりたいと思う事はありませんでした。

そのため、英語が話せた方が便利だとは思っていましたが、そこまで強いモチベーションを英語学習に対して抱くことはありませんでした。

 

そんな私が必死で英語を勉強した理由は、アメリカの大学への進学を決めて、英語を勉強せざるを得ない状況にあったからです。

アメリカの大学に提出するTOEFLスコアのため、英語を勉強する必要がありました。

アメリカの大学に進学した後は、生活中は英語オンリーです。

 

私の場合は、希望した大学がたまたまアメリカにあり、アメリカという国では英語が公用語であったため、アメリカの大学への出願~現地生活の過程で必然的に英語が話せる様になったというワケです。

このような、無理やり選択肢を無くして、英語を学習せざるを得ない状況に追い込むという方法はネガティブですが、非常に効果的です。

もちろん、だからと言って、

 

じゃあ、英語を話せるようになるために、海外に移住するか!

 

というのは現実的では無いですし、そういう方法をオススメするわけではありません。

ただ、日本国内であっても、ある程度英会話を勉強せざるを得ない環境を作る、という事は可能です。

学生の方であれば、例えば模擬国連に無理やりエントリーしてしまえば、英語を嫌でも勉強しなければいけなくなりますよね。

会社勤めをしている方ならば、英語を話す必要があるプロジェクトに積極的に参加してみる、という方法もあります。

 

日本国内であろうが、英語を話さざるを得ない・学習せざるを得ない、という環境を作り出す方法はいくらでもあります。

もし、自分一人では学習を継続することが難しい、というのであれば、このように外部から強制的に圧力をかける、という方法もアリです。

まとめ

いかがでしょうか。

英語力0から英会話ができるようになるまでの5つのステップについて解説しました。

英語が話せる様になるためには、しっかりと英語の基礎を学習することも大切なのですが、究極的にはとにかく英会話を実践する事が重要になります。

私の英語学習経験からは、オンライン英会話スクールを用いる方法がコスパ・手軽さ・学習効率という観点からオススメです。

自分自身のレベルや目的に合ったスクール選びも、同様に重要になります。

皆さんが思っているほど英会話というのは難しくありません。

日本国内でのみ学習をしていようが、早い方であれば2~3ヵ月もあれば、

 

英会話ができるようになっている!

 

という事を実感できると思います。

ものすごい雑に言ってしまうと、英語は学習を継続することさえできれば、自然と話せるようになります。

日本語も英語も、言語を話すという特性上、本質的な違いはそこまでありません。

今まで英会話を諦めていた方も、ぜひ挑戦してみてください。

 

英語初心者にオススメのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【実績・口コミ・評判から徹底比較!】オンライン英会話スクールと一口に言っても最近は本当に色々なサービスがあり、選ぶに選べないという状況になっている。 英会話の学習を始...

2020年: 英語初心者向けのオンライン英会話スクールランキングTOP3+1【口コミ・実体験・実績で比較】

About Me

KOTANI

Line@(個別チャットはコチラへ)
Twitter
Instagram

 

アメリカ・オハイオ州のリベラルアーツ大学に在籍。

Philosophy & Political Scienceを専攻。

趣味はギター・ボクシング。

現在はOSCPに向け奮闘中。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です