アメリカ留学

アメリカ大学への留学生はオンライン授業のみでは国外退去に(2020秋季セメスター)

※この記事は7/7(アメリカ時間)での時点での情報を元に執筆しています。

 

こんにちは。Kotaniです。

つい最近アメリカのICE(U.S Immigration and Customs Enforcement)から2020秋季セメスターに関する重要なアナウンスメントがありました。

ざっくり要点のみをまとめると、

 

2020秋季セメスターでは、オンライン授業のみを履修する場合はビザが発行されない
オンライン授業のみを履修する場合は、現在アメリカ国内にいる留学生は強制退去
再入国に関しても、オンライン授業のみを履修する生徒に関しては、これを認めない

 

という点になります。

以下で詳細についてお話していきます。

アメリカ大学への留学生のビザに関する重要な変更【2020 秋季セメスター】

まず、ICEからの公式発表を見てみましょう。

それがコチラ。

  1. Nonimmigrant F-1 and M-1 students attending schools operating entirely online may not take a full online course load and remain in the United States. The U.S. Department of State will not issue visas to students enrolled in schools and/or programs that are fully online for the fall semester nor will U.S. Customs and Border Protection permit these students to enter the United States. Active students currently in the United States enrolled in such programs must depart the country or take other measures, such as transferring to a school with in-person instruction to remain in lawful status. If not, they may face immigration consequences including, but not limited to, the initiation of removal proceedings.
  2. Nonimmigrant F-1 students attending schools operating under normal in-person classes are bound by existing federal regulations. Eligible F students may take a maximum of one class or three credit hours online.
  3. Nonimmigrant F-1 students attending schools adopting a hybrid model—that is, a mixture of online and in person classes—will be allowed to take more than one class or three credit hours online. These schools must certify to SEVP, through the Form I-20, “Certificate of Eligibility for Nonimmigrant Student Status,” certifying that the program is not entirely online, that the student is not taking an entirely online course load this semester, and that the student is taking the minimum number of online classes required to make normal progress in their degree program. The above exemptions do not apply to F-1 students in English language training programs or M-1 students pursing vocational degrees, who are not permitted to enroll in any online courses.

引用: SEVP modifies temporary exemptions for nonimmigrant students taking online courses during fall 2020 semester

 

それぞれの項の内容をざっくり和訳すると、

 

① F-1及びM-1ビザでアメリカ国内に留学している学生が、もしも秋季セメスターの授業を全てオンラインで履修する場合、対象の学生に対してビザは発給されない。さらに、再入国も認めない。

対象(秋季セメスターの全ての授業をオンラインで履修する予定の学生)が現在アメリカ国内にいる場合も、直ちにアメリカから出国する必要があり、アメリカ国内に合法的に滞在するには、秋季セメスター間に対面授業を履修しなければならない。

② 通常通りに授業を履修する予定であるF-1ビザでアメリカに留学している学生は、通常通りの連邦規則に従う必要がある。

この条件に当てはまる留学生は、最高で1つオンライン授業を履修することができる。

③ 対面授業とオンライン授業の両方を履修する場合、F-1ビザで留学している学生は1つ以上のオンライン授業を履修することができる。

その場合、該当する大学等教育機関はI-20を通して、SEVPの規則及び、「該当学生が履修する授業は全てオンラインではない」、「該当学生が最低限学位要項を満たす数の授業を履修する」という条件を満たさなければいけない。

しかし、英語習得プログラム等を履修するF-1及びM-1ビザの学生の場合、これを認めない。

 

大体こんな感じですね。

急ぎで訳したので、かなりざっくりですし、文体が固くて分かりずらいですね…

というワケで、本当に重要なポイントを短くまとめてみましょう。

アメリカ留学生が抑えておくべき重要なポイント

要は、今回のICEの発表の中で重要なポイントは、

  1. オンライン授業のみを履修する留学生は国外退去、もしくは再入国禁止
  2. アメリカ国内に合法的に滞在 or 再入国するには対面授業のコースを最低でも1つ履修しろ
  3. 語学留学生や英語学習プログラムの場合は、対面授業を履修する場合でも国外退去&入国禁止

 

以上の3つだけ抑えておけば大丈夫です。

  • 語学留学生は全員アウト
  • 大学入学前の語学プログラム履修も不可能
  • コミカレだろうが4大だろうが、学位プログラム履修且つ対面授業履修者のみビザが発給される

という事ですね。

コロナ後のオンライン授業関連の対応がそもそも特例措置

コロナウイスの拡大を受け、3月の中旬頃から各大学が完全に封鎖され、オンライン授業に移行されました。

秋季セメスターにも、感染拡大を受け大学封鎖を封鎖を継続し、完全オンライン授業に移行する、と発表している大学も多いです。

 

3月の大学封鎖以降は、留学生でもアメリカ国内に滞在しつつオンライン授業を履修することが出来ていましたが(私もその1人ですね)、もともとこれ自体が特例だったんですよね。

アメリカの法規上、オンライン授業のみを履修する際に就学ビザは発行されないですし、F-1ビザ等での留学生はオンライン授業を履修することが出来ませんでした。

なので、まあ、妥当かなぁ… とも思います。

 

どうやら、この決定に関しては大学側からの反発はそれなりにあるそうですね。

コチラのNew York Timesの記事でもピックアップされています。

International students must take classes in person to stay in the country legally this fall, ICE announces

まとめ

私の大学のPresidentからは以下のようなメールが届いていました。

Dear International Students,

I write following yesterday’s announcement from ICE regarding requirements for in-person study if international students are in the United States. I am so sorry that the US Government has chosen to impose this regulation in a way that creates so much difficulty and uncertainty for you amidst the pandemic.

You are such an important and integral part of our community. Whether you are just starting out at the college life or entering your senior year, you are already a crucial part of what makes our community a great place to learn and grow. You bring so much wisdom, perspective, insight, knowledge, talent and courage to our study body. Whenever people ask me why Wooster is a great place to go to school, I start with you; this extraordinary community – from 62 countries around the world.

You have worked so hard in so many ways for your college experience – from traveling far from home to managing the US visa and immigration process. And this year, COVID-19 has added to that difficulty for many of you, whether you have been in the United States or at home or elsewhere over the last several months.

Our community stands with you, and I stand with you. You deserve to have the college experience you have worked so hard for. We will continue to do all we can to fight for national policies that support international students and make things easier for you. Here in the college, we’ll also make sure that you have the courses you need according to the ICE rules, to the very best of our ability.

I miss seeing you all on campus, and can’t wait until we can all gather together again. Until then, please take care and be safe, and know that, even if we are far apart, we are with you.

 

今回のアナウンスメントはICEにより決定されたものですし、まあ大学側にはどうしようも無い様ですね。

今回のコロナ騒動により、我々留学生を取り巻く状況は不安定化する一方です。

仮に一連の騒動が落ち着いても、今後フライト代の高騰や海外渡航頻度の減少は免れないでしょうし、以前の様に自由に海外を行き来するのは難しくなりそうですね。

さらに、今後はますます米中対立の影響も受けるでしょうし、アジア人に対する風当たりも強くなりそうなので、楽観的にはいられないですね。

 

≫ コロナウイルス関連記事まとめ

【2020】アメリカ・オハイオ州でのコロナウイルス関連ニュースのまとめ※記事作成時での情報を元に執筆しているので、現在とは情報が異なる可能性があります。記事の公開日に注意してください。 時系列順にまと...
About Me

KOTANI

Line@(個別チャットはコチラへ)
Twitter
Instagram

 

アメリカ・オハイオ州のリベラルアーツ大学に在籍。

Philosophy & Political Scienceを専攻。

趣味はギター・ボクシング。

現在はOSCPに向け奮闘中。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です