アメリカ生活

「イモトのWifiが遅い」というレビューをアメリカ・シカゴ旅で検証してみた感想【口コミ・評判】

CMでも話題になっているイモトのWifiを、先日アメリカ旅行で使う機会があったのでレビューしていこうと思います。

アメリカを車で1,500km移動し、

  • シカゴの様なアメリカの大都市の中心地・観光地
  • 都市部から少し離れた郊外エリア
  • 日本では想像できないレベルの田舎

上記の様な様々な場所でイモトのWifiを使用したので、それぞれの環境での使用感や通信速度等についてお話していきます。

 

この記事で分かること

  1. イモトのWifiの使用感
  2. エリア別: アメリカでのイモトのWifiの通信速度
  3. イモトのWifiの使いやすい点・使いにくい点
  4. イモトのWifiとアメリカのキャリアの通信の比較
  5. イモトのWifiは本当に遅いのか?実際に使用してみて感じたこと

 

 

\ レンタルの申し込み /

【アメリカ・シカゴ旅でイモトのWifiを使った感想】通信速度は本当に遅い?

 

イモトのWifiをアメリカの色々な場所で使ってみた感想は、

立地によって通信速度やネットの繋がり方が若干違う

という事。

アメリカの都市部で使用した際には
通信が遅いと感じる事は一切ありませんでしたが、

田舎での使用はWifiの繋がりや速度に明確な差を感じました。

アメリカの都市部では快適に使える♪

例えば、シカゴであればシカゴ美術館があるエリアの様な、
都市の中心では非常に快適に使用できました。

通信速度も全く問題なし。
ネットにも快適に繋がります。

YoutubeやGoogle Mapの様なアプリも快適に使用できました。

動画の読みこみも早く再生中に止まる事は無かったですし、
Google Mapの検索も非常に高速でした。

インスタやTwitterの様なSNSの画像読み込みも快適でした。

アメリカの契約回線との違いもほぼ皆無です。

シカゴをマップで見ると改めてその大きさに驚きますね。

 

ちなみに、都市の中心部とその周辺の郊外のエリアでも
イモトのWifiの使用感の違いは全くありませんでした。

そのため、多少都市部を離れたり、

都市の反対側までバスやタクシーで移動するような場合でも、
Wifiは問題なく使用できます。

 

シカゴだけでは無く、クリーブランドといった様な
別の都市部でもイモトのWifiを使ってみましたが、

使用感に全く違いは無く、非常に快適に使用できました。

そのため、アメリカの有名な観光地や都市部であれば、
イモトのWifiは例外なく快適に使うことができますし、

普通に旅行する分にはイモトのWifiを使用しておけば問題ないですね。

 

アメリカの現地での実際に使用してみた感想をまとめると、

  • 都市部、観光地では快適に使える。問題なし
  • 田舎では多少Wifiの繋がりが遅いことも

といった感じです。

アメリカの田舎では若干繋がりにくい

アメリカの田舎な地域や、州間高速道路でもイモトのWifiを使用してみたのですが、
流石に都市部に比べると使いづらかったですね。

(アメリカの田舎というと、リアルに上記の画像の様なイメージです)

 

Youtubeなどの動画は若干読み込みに時間がかかり、
たまに動画が止まってしまうこともありました。

ブラウザやSNSでは、画像の読み込みの遅さに明らかな違いを感じました。

結構イライラするレベルで読み込まれない時もあったので、
お世辞にも快適とは言えませんね。

ただ、Google Mapに関しては都市部で使っている時と
そこまでの差は感じませんでした。

アメリカの現地で契約した回線の方が流石に快適ではありましたね。

 

しかし、普通の観光旅行であればアメリカの田舎を訪れる事は無いと思うので、
普通に使用する際には関係ないでしょう。

アメリカ国内で車を借りて州間ドライブをする…
なんてことをやらない限り大丈夫です。

 

まとめると、イモトのWifiは

田舎な地域や州間高速道路などでは

Wifiのつながりが悪く、
動画やSNSの写真読み込みの速度は遅いですが、

アメリカの都市部や観光地では、日本の携帯回線の様に快適に

インスタ・Youtube・Twitter・Google Map
といったアプリを使えました。

 

ここまではイモトのWifiの速度や繋がりやすさに関してをお話してきましたが、

以下では、

  • 機能性
  • バッテリーの持ち
  • 設定の簡単さ

といった様な、通信面以外についてもお話し行こうと思います。

イモトのWifiの機能面の使用感想

イモトのWifiを実際にアメリカで使用してみて、
通信面でもほとんど問題はありませんでしたし、

使い勝手に関しても総合的には非常に良かったです。

ただ、長所短所どちらもいくつか気になる点はありました。

Wifiルーターへのつなぎ方がだるい

イモトのWifiの一番不満なポイントが、

Wifiへの接続設定が結構めんどくさいということ。

ルーターを起動してWifiをオンにしてみても、
スマホのWifi選択の画面にイモトのWifiが出てこない…

ということが結構ありました。

何回かWifiの電源を入れたり切ったりしてみると
スマホのWifiの選択画面にイモトのWifiがようやく表示され、

無事に接続することができました。

 

正直、一番最初の接続には30分ほど悪戦苦闘しました。

ただ、一度つないでしまえばその後に再度設定する必要はなかったので、

面倒くさかったのは本当に最初だけでした。

ルーターの充電はどれくらい持つの?

イモトのWifiのルーターの充電の持ちに関しては、公式のQ&Aで

連続使用時間は4〜5時間程度

と回答されています。

実際に、クリーブランド~シカゴでの車での移動中にずっとYoutubeを見ていも、

少なくとも3.5時間は連続で使用することができました。

電波が悪い地域で使用したり、大きなデータをやり取りすると
バッテリーの持ちは悪くなる見たいですが、

電波状況の悪いアメリカの田舎の高速道路で
Youtubeを見ていても、これだけの時間利用する事ができました。

 

観光先でちょこちょこマップを確認したり、SNSを使ったりする

といった程度の利用であれば、日中の間に電源が無くなることは無いと思います。

 

ただ、出先で頻繁にWifiを使う可能性があるならば、
万が一のためにモバイルバッテリーも一緒に持っていくべきと安心ですね。

ホテルから出かける前に充電を忘れないようにもしましょう。

ルーター本体が絶妙にダサい・意外とかさばる

正直言って、イモトのWifiのルーター本体のデザインに関しては、

「ちょっとダサくない?」

と思ってしまいました。

実際に手元に届いたルーターは 小汚いたまごっち(白)といった感じですね。

イモトのWifiと書かれたシールもでかでかと貼ってあった為、
なかなかにダサかったです。

若干の使用感を感じる汚れや傷も気になりました。
もちろん、機能面に全くの問題はありませんでしたが。

 

イモトのWifiを受け取る際には、ルーター本体の他に
説明書・充電ケーブル等が収納されたバックで手渡されるのですが、

このバックが微妙にかさばるので、絶妙に邪魔でした。

なので、ルーター等が入っているバックはスーツケースにしまって、
観光中はルーターだけ持ち運ぶべきだと思います。

まとめ

イモトのWifiを実際にアメリカで使用した感想をまとめると、こんな感じ

  • 都市部や観光地では、回線は安定してて使いやすく速度も問題ないが、田舎での使用は若干微妙に感じる事も
  • 一番最初の接続設定がめんどくさい
  • 電源は連続使用でも3.5時間は使える。ずっとWifiを使い続けるという使い方をしなければ、日中は充電しなくても大丈夫かも

 

クリーブランド~シカゴまで、
都市部や田舎併せて総距離1,500Kmの旅で使用してみた結論は、

「アメリカの観光や旅行であればイモトのWifiは使いやすい」

 

アメリカ旅行であれば、¥2,380/日 というプランであれば、
通信量は無制限に利用できますし、

都市部などの無料で利用できるWifiがたくさんあり、
そこまで通信量が必要ないのであれば、

旅行先では ¥980/日 の500MBプランで十分だと思います。

 

\ レンタルの申し込み /

期間限定で、「Kotaniが1ヵ月で英会話をマスターした方法」を公開中です。

Lineの無料登録で情報をGetできるので、ぜひ。

気が変わったら速攻で辞めるのでお早めに

 

KotaniのLineに登録する!

この記事を執筆しているKotaniがどんなヤツなのか?
Kotaniのプロフィール

Kotaniがアメリカの大学進学に至るまでの経緯
底辺からのアメリカ名門大学への逆転ストーリー

底辺高校生だったKotaniが米名門大学に進学した方法はコチラ
底辺高校生だったKotaniがアメリカ名門大学へ合格した理由と戦略

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です