アメリカの大学に出願する

金がないという人へ… 奨学金を借りて最大1000万円の留学資金を調達する方法

こんにちはKotaniです。

よくアメリカ留学の話をすると「そんな大金払えないよね~」みたいなことを言われることが非常に多いので、今回はカネの話をしていこうかと。

とにかくカネのかかるアメリカ留学に向けて、誰でもできる1,000万円の資金の調達法についてお話していきます。

もちろん合法ですし、基本的に日本人の方であれば大多数の方が実行可能な方法です。

給付型の奨学金を受給できなかったという方や、カネを理由にアメリカの大学へ留学できないという方はお試しあれ。

合法的に1,000万円の資金調達する方法

1,000万ほどの留学資金を調達する方法に関してですが、具体的には日本政府による留学支援制度を利用することになります。

具体的には海外支援制度で500万円、教育ローンで500万円、合計1000万円という内訳です。

ただ、これらの制度を利用して奨学金を借りるためにはたった一つ条件があります。

たった一つ必要な条件

奨学金を借りるのにあたって世帯収入による制限などの条件はありますが、そんなことよりももっと大事なことが保護者の存在です。

厳密に言うと、留学、そして奨学金という名の借金をすることに理解がある保護者がいるかどうかが重要になります。

海外支援制度奨学金の返済義務は、奨学金を借りる学生、当事者に当たりますが、これを申請するには連帯保証人となる保護者の存在がマスト。

そして教育ローンに至っては奨学金を申請する学生本人ではなく、保護者名義で奨学金を申請しなければいけません。

そのため、どのようなケースでも保護者からの承認が絶対に必要になります。

ちなみに、教育ローンで借りれる額は上限がおよそ500万円。
海外支援制度奨学金は月に14万円が限度で、大学に在籍している期間中は支給されます。

保護者次第

仮に貧乏な家庭に生まれても、アメリカ留学への資金が自費で賄えない場合にも、最大1000万円程度であれば国に借金をして何とかなります。

日本政府の奨学金は返済利子も極めて低いです。

ただ、これらを利用する場合にはどうしても保護者からの承認、そして全面的な協力が必須になります。

そのため、海外留学に理解の無い方や、連帯保証人になる事を拒否される方が保護者である場合にはこの方法は無理ですね。

ハッキリ言って、本記事でお話した方法は給付型奨学金の申請に落ちたり、大学からの奨学金も大した額が支給されないという方が利用できる最後の手段です。

時間の無駄だから使えるものは使え

「留学資金を貯めるためにバイトをする」という方がいます。

1年でも2年でもバイトをして小銭を稼ぎ、大学の学費を調達するというのは個人的にはクソほど価値の無い無駄な時間だと思っています。

どう考えたってバイトをする1年よりアメリカの大学で過ごす1年の方が有意義で、将来的にさらに莫大な価値を生み出す時間だと思います。

現実問題として日本国民であり、保護者を説得して連帯保証人になってもらえれば年間最大168万円、さらに保護者名義で奨学金を借りるよう説得できれば500万円は速攻で調達できます。

1時間1000円以外に何の価値もないバイトをするくらいなら、保護者を説得してさっさと大学に行き、良い職に就くなりして1000万円を返済する方が生産的なアイディアだと思います。

時間があれば金はいくらで生み出せますが、いくら金があっても時間は戻せません。

特に若い内の1時間が将来に及ぼす影響は計り知れません。

なので、時給1000円のバイトで1時間をドブに捨てる位なら、借金をしてでもさっさと大学に行くべきだと思います。

使えるものは全て使いましょう。

それでは

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す