アメリカ生活

アジア人留学生に人気の安くて美味しいアメリカのオススメチェーン店まとめ

アメリカからこんにちは。

今回はアメリカの食事上、特にチェーン店系のレストランについてです。

アメリカのレストランは日本人の口に合うモノが少ないですが、その中でも確かにおいしいモノもあります。

今回は、日本人にもオススメのチェーン店についてです。

チェーン店は素晴らしい!

美味しい食事が安い値段で食べらる 食の天国日本 と違い、アメリカの食事事情は結構厳しいもの。

美味しいモノが食べたければ、高いカネを払いレストランに行かなければなりません。

食事の給仕にも結構時間がかかりますし、食後の支払いのシステムもかなりだるく、時間がかかります。

こんな環境だと、ファストフードのチェーン店はかなり重宝するんです。

チップいらず

一部のお店を除き、基本的にチェーン店ではチップを払う必要がありません。

アメリカのレストランのチップはおよそ2割程度になるので、貧乏留学生には決して無視できる金額ではありません。

普通のレストランではチップがあるせいで、支払の手順がめんどくさくなってしまうケースが多いです。

ストレートに会計を終わらせることができることも、Noチップ店の魅力です。

とにかく早い!

大体のチェーン店はファストフード店である場合が多いため、給仕のスピードも抜群です。

一般的なレストランでは30分ほども待たなくてはいけないのに対し、以下で紹介するようなお店では10分程度で食事が出てきます。

それに、日本のレストランと違いウェイターがちんたらしているお店も結構多いです。

私がレストラン行きたくない最大の理由が、とにかく食事に時間がかかってしまうという事なのですが、チェーン店は食事にあまり時間をかけなくて済むので愛用しています。

アジア人留学生に人気のチェーン店がコレ!

以下で、我々日本人の好みに合いそうなオススメチェーン店を紹介していきます。

私のオススメ以外にも、実際にアジア系の友人に聞いてみたオススメのお店もあるので、アメリカに行った際にはぜひ。

chipotle

https://www.chipotle.com/

Ciptoleメキシコ料理のチェーン店です。

  • メキシコ版サンドイッチ ケサディーヤ
  • 小麦粉で作られたトルティーヤに具材を巻いたブリート
  • 日本でも馴染みのあるタコス

といったようなメニューが特徴的。そのほかにもサラダやプレート料理も。

メキシコ料理はアメリカでも数少ないおいしい料理ですし、日本人の味覚にも結構合います。

一見すると脂っこいように見えますが、意外と野菜や穀物もたくさん入っていて健康的でヘルシーです。

Panera Bread

https://www.panerabread.com

チェーン店の中では若干値段が高めですが、その分味も良し! なのが Panera Bread です。

色々な種類のサラダ・サンドイッチ・スープといった、軽食が取れるカフェといった様なメニューです。最高にヘルシー。

Panera Bread で個人的に気に入っているのが、自家製パンとドリンクバー。

特にドリンクバーは、一般的なドリンクにプラスして 淹れたてコーヒー・3種のレモネード・紅茶 といった様な感じでかなりシャレオツ。

Taco Bell

https://www.tacobell.com

コチラも Ciptole と同じくメキシコ料理のチェーン店ですが、その中でも特にタコスメニューに特化したお店です。

カリッカリでクリスピーな生地に肉と野菜を包む、というシンプルなものですが、味は最高です。

アメリカのファストフード店の中でもかなりヘルシーですが、難点は値段の割に量が少ないこと。

大食いの人にはあまりオススメできませんが、日本人の味覚に最も合うのではないでしょうか。

Arby’s

https://arbys.com

昔は日本にもお店があったと言われている、アメリカ発祥のハンバーガーチェーン店 Arby’s です。

なお、現在は日本に Arby’s の店舗は一切ない模様。

薄くスライスしたローストビーフをはさんだハンバーガーが特徴的です。

ローストビーフがそこまで味が強くなくて食べやすいおかげか、味の濃いアメリカ料理に疲れ切ってしまった私の舌を癒してくれた優しい味です。

上の写真のようにボリューム満点なメニューだけでなく、少量で食べやすいメニューが豊富なのも魅力的。

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す