アメリカ留学

アメリカの大学留学中の勉強はマジでキツイし辛い【落第経験者が語る地獄の正規留学】

こんにちは。Kotaniです

「アメリカの大学は入学した後が大変」

「アメリカの大学留学はめちゃくちゃ辛い」

なんてことは良く言いますが、実際どれくらい大変なのか?

ピンと来る方は少ないじゃ無いかと思います。

 

というワケで今回は、

「アメリカの大学でFを取って落第した」

という輝かしい経歴を持つKotaniが、アメリカ留学中の勉強が如何に辛いのかというコトについて語っていこうかと。

 

この記事で分かる事

  1. アメリカの大学留学中の勉強はどれくらい辛いのか
  2. なぜアメリカの大学での勉強は辛いのか
  3. アメリカ留学中に勉強面で失敗しないための対策法

 

アメリカの大学の地獄のような勉強生活について、まじまじと解説していきます。

 

まあ、ハッキリ言ってこの記事で解説していく「アメリカの大学の勉強の辛さ」なんてものは氷山の一角です。

実際に経験して見ると分かると思いますが、現実はもっと辛いですよ。

ちなみに、Kotaniの大学は全米でもトップクラスに勉強量が多い学校らしいから、もしかしたら他の大学はもうちょっと楽なのかもしれない…

今回はそんな話です。

【地獄の正規留学の実情】アメリカの大学の勉強はどれほど辛いのか?

現地のアメリカ人学生が嘆くくらい辛い

アメリカの大学の勉強はどれほど辛いのか?

 

そもそも、アメリカの大学で勉強するという事は、

「現地のアメリカ人ですら勉強に四苦八苦する」

というレベルで辛いです。

 

現地の学生ですら、「大学のセメスター期間中は地獄」と嘆くくらいですからね。

アメリカ人学生ですら泣き言をいう位だから、そりゃぁ日本人留学生が辛いのは当たり前

テストやペーパーの提出期間になると、文字通り一睡もしないで格闘する学生で溢れかえります。

 

私の大学の図書館は夜中の二時まで開いていますが、図書館が閉まろうが大学寮の共有スペースで勉強している人が大量にいますし。

とにかく、勉強量が尋常じゃないワケです。

鬱やノイローゼなんて当たり前

アメリカの大学では、もはや勉強が日常のすべてを占めるワケです。

特に、

  • 入学したてで生活や勉強自体に慣れていない
  • テストやペーパー課題が重なってしまった時
  • 4年時の大学の卒業論文や研究といったコトがスターとしてしまった時

こういったタイミングでは、元から多い勉強量が異常なほどに増えます。

「勉強が辛い…」なんて嘆く暇も気力も無いレベルです

私のアメリカ人の友人にも、実際に大学がきつすぎてドロップアウトした方が何人かいたりします。

 

まあ、こんな環境での生活なので、普通に精神がやられます。

実際に私も留学中の勉強が辛すぎて、鬱になりかけたことがあります。

アメリカ留学中の過度の精神的ストレスで鬱になりかけた経験から考える対策法 今回は、アメリカの大学生活の中での「精神的ストレスと鬱への対策」という話をしていこうかと。 なんでそんな話をするかというと...

アメリカ留学中の辛い勉強で鬱になりかけた話

 

アメリカの大学に留学したばかりの頃は、一度教授に

教授
教授
勉強しすぎると精神的に辛いだろう?たまにはサボって勉強以外の事をしてリフレッシュしなさい。課題の提出は遅れていいから

なんてことを言われたくらいです。

【地獄の正規留学の実情】アメリカでの大学の勉強が異常に辛い理由

鬼のような量の課題(リーディング)

アメリカの大学での勉強が辛い一番の理由としては、とにかく課題(リーディング)の量が多いこと。

コレに集約されます。

 

基本的に、私の大学では1セメスターに4つの授業を取り、大体1つの授業が週に3回、各1時間ほどあります。

その、それぞれの授業に平均20〜30ページほどのReadingの課題が課せられます。

多いときには1つの授業に対して100ページものReadingを課せられたこともあるよ

4つの授業を履修するとなると、合計で週に少なくとも20ページ、多いと400ページものReadingをするワケです。

 

エグくないですか?

週に1冊本を読むペースですよ。

それも専門的で難しい内容のモノですから、めちゃくちゃ辛いワケです。

 

私がアメリカの大学に留学したばかりの頃は、この授業前のリーディングだけで1教科あたり2〜3時間は使っていました。

1日に8時間前後をリーティグに捧げる、という生活を毎日行うわけです。

修行だよね。もはや

授業で扱う内容が異常に難しい

当たり前ですが、アメリカの大学というのは、

「アカデミックで専門的な内容」

に関するコトを勉強するワケです。

どの教科も専門的な内容を扱い、そのレベルも非常に高い。

 

当たり前ですが、アメリカの大学のレベルってピンキリです。

そここその大学であれば、単純に勉強量が多いだけかもしれませんが、

レベルの高い大学に行くと、勉強量に加えて勉強自体のレベルがめちゃめちゃ上がります。

 

教授や授業によっては、とんでもなく難解で理解不能な対象を扱うこともしばしば。

まあ~、勉強が辛いワケです。

 

私は哲学科専攻なのですが、本当に絶望します。

一度、リーディングに課された30ページの論文を3日間丸々かけて読んでも、1ミリも理解できない…

みたいなことがありました。

 

アメリカの大学での勉強は、その量に加えて難易度的にめちゃめちゃ辛いワケです。

予習をしっかりとしないとクラスについていけない

基本的に、「アメリカの大学の勉強が辛い」コトの原因の9割型はリーディング課題に起因します。

 

少しでもストレスフリーな大学生活を送るにはどうしたらよいか?

どうしたら、辛いアメリカ大学生活とオサラバできるのか?

 

そう、リーティングをサボれば良いんです。

 

しかし、アメリカの大学の授業は基本的に、

「課題として出されたリーディングをしっかりと読み込んでいる」

というコトを前提で進行します。

 

いうなれば、「基礎は課題として自分で理解しろ。クラスではその基礎をもとに応用に取り組むぞ」といった感じです。

もちろん教授やクラスによって変わるけど、基本的にアメリカの大学での授業に対してはこういう理解で問題ない

なので、しっかりとリーティングをしないと、

教授
教授
今日は〇〇について話していくワケだけど…
教授
教授
ヘイ!Kotani!お前は〇〇についてどう思う?
???
(やべぇ、リーティングしてなかったから何言ってるかさっぱりわからん…)

なんてことが多々起きます。

 

Kotaniは過去に、授業中に教授から振られているのにも関わらず、何を言っていいかわから無いため1時間ずーっと黙り込んでいたことがあります。

周りの生徒からの視線が痛かったです。

 

タダでさえ英語が上手く話せない状態だと、基本的にその場でアドリブで返答したり、なんかそれっぽいことを言う…

見たいな芸当は無理だと思います。

なので、しっかりと予習をして授業に望まないと100%詰みます。

成績も授業への参加度で決まるから、しっかりと準備しておかないといろいろヤバイのよ

更に、アメリカの大学の授業って基本的に、「前回の授業までの内容を踏まえた上で」進行していきます。

なので、一度リーディングをサボったり、内容理解に遅れが出ると、それ以降の授業の内容理解度にストレートに問題が起きます。

複数クラスのテスト・ペーパー提出が重なるというカオス

毎日のリーディング課題はほんとに辛いです。

ちゃんとリーティングをしないと、そもそも授業についていけないんですからね。

 

そして、それに追い打ちを書けてくるのがペーパーにテスト。

もちろん授業によって変わってきますが、Kotaniが過去に体験した最も辛いクラスは、

 

  1. 毎週2ページ程度のショートペーパーを提出
  2. 月に1回6ページ程度のペーパーを提出
  3. セメスターに3回ほど、10〜20ページのペーパーを提出
  4. 月に1回ほど、クソ難しいテストを開催

というクラスがありました。

確か、国際政治のクラスだった

週に3回あるクラスに向けて、各50ページのほどのリーディングを課せられつつ、クソ長いペーパーを書かされました。

鬼。

正直言って、このクラスの勉強だけで余裕で1日が終わるレベルだった

何が辛いかって、こういったペーパー課題やテストは、

「クラス枚に出されたリーディングをしっかりと理解する」

というコトができないと、まともに太刀打ちできないワケです。

 

ペーパー課題となると、

教授
教授
今までクラスで扱ったものにプラスして、最低5個は別の論文を引用してね

みたいなことがざらにあります。

ここでまた「リーディングが辛い」という地獄が蘇るワケです。

 

さらに、ペーパーの提出やテスト期間って、だいたいどのクラスも同じ時期に被るんです。

地獄ですよ。

【地獄の正規留学の実情】英語力が足りないとアメリカの大学での勉強は辛い

全て英語で進行する授業って、皆さんが想像している100万倍キツイです。

確かにアメリカの大学での勉強のレベルは高いのですが、英語力に問題がなかったらおそらくなんとかついては行けるレベルだと思います。

もちろん辛いことは辛いけど、英語力に問題があるとその辛さの次元が変わってくる

Kotaniはごく一般的な日本の学校教育で英語を学んできた、いわゆる純ジャパです。

アメリカ留学前に英語なんて話したこともありません。

そんな純ジャパが、いきなりオールイングリッシュの授業&生活の中に放り出されるわけですから…

そりゃ無理ですよ。

授業で何言ってるかは基本分からない

レクチャーはもちろん英語で行われます。

なので、教授が言っている事の8割方は理解できませんでした。

ディスカッションベースのクラスになると、生徒も教授も話すのが早すぎる。

リスニングが追いつかず、内容理解ができない。

必然的に、自分の意見を言うことだってできなくなる。

ホントに蚊帳の外状態

さらに、基本的に授業内容が理解できないため、「授業が終わった後の復習」も念入りに、無駄に時間をかける必要があります。

だだでさえ予習や課題で手一杯なのに、余分に時間を取られるわけですから。

そしてもっと致命的なコトが「授業が面白くない」と感じること。

そりゃそうですよ。

内容が理解できないわけですし。

もう授業に行くのが苦痛でしかなかったです。

課題をやるモチベーションもどんどん下がっていきます。

復習に二度手間をかけなければいけない

慣れない英語で勉強するのってめちゃめちゃ時間がかかるんです。

話を聞いてもほとんど理解できないし、テキストを理解するのにも膨大な時間がかかる。

先程もお話しましたが、とにかく時間がかかります。

Kotaniは留学したばかりの頃は、授業内での教授の話は8割方理解できませんでした。

特別に教授に授業の録音許可をもらって、同じ授業を何回も聞き直してたよ

なので、授業の前に宿題とは別に内容の先取りをして、授業後にもまた復習をするという事が必要になります。

こんな感じの事を繰り返していかなければならないので、一つの授業に対して莫大な時間がかかります。

効率が悪すぎる

私は、アメリカで授業を取りはじめた最初の頃は「英語に慣れるため」という意味で、極力日本語を禁止していました。

もちろん、単語の意味だったりを調べるときも全て英語。

そんな中で、ある日調べものをしていた際に英語ではなく日本語で調べて見たんです。

すると、今まで3時間かけて調べてた物を15分で理解できました。

コレ、ホントに誇張じゃないよ。それくらい英語に慣れていないときついってこと。

英語で何かを学習するのって、慣れないとホントに効率が悪くて全然覚えられません。

こんな感じなので、英語で勉強をすることが毎日苦痛でしかありませんでした。

無駄に時間はかかるわ、テキストを呼んでも理解できないわ、授業で何を行っているかはわからないわ。

自分の英語力の無さを心底憎んだよ

こんな環境で、とんでもない量の時間を勉強に費やさなければいけませんでした。

来る日も来る日も勉強。

朝から晩までずっと教科書とにらめっこ。

ノイローゼになりますよ。

アメリカ留学中の過度の精神的ストレスで鬱になりかけた経験から考える対策法 今回は、アメリカの大学生活の中での「精神的ストレスと鬱への対策」という話をしていこうかと。 なんでそんな話をするかというと...

アメリカの大学で精神ストレスから鬱になりかけた話

アメリカの大学での辛い授業を乗り越えるための対策法

コレまで散々お話ししてきたように、アメリカの大学の勉強は辛いです。

じゃあ、何か解決法は無いのか?

 

ハッキリ言います。

根本的には、英語力を向上させる以外にありません。

そりゃそうだけどさ…と思うかもしれないけど、もうちょっと聞いてほしい

確かに、授業があまり理解できなかったり、勉強に苦しんでいるのであれば、

  • 教授のオフィスアワーを積極的に利用する
  • チューターを利用する
  • テキストの内容をまとめてくれているサイトを先に見て、ある程度テキストの内容を踏まえてからリーディングをする

といったような、勉強対策としての具体的な方法はたしかにあります。

 

ただ、いずれにせよ、「英語力」という問題からは逃れられないわけです。

もちろん上記以外にもたくさんの対策法はあるけど、結局根本的には英語ができなかったら対策法もクソもない

教授のオフィスアワーを利用するのだって、チューターを使うのだって、最低限の英会話力がなければ成り立ちません。

時短でテキストの内容理解をする方法や、ペーパーを早く仕上げるためのコツだってありますが、コレだってそれなりの英語での読解力・文章力が無ければ意味が無い。

なので、いずれにせよ「英語力の向上」という問題と向き合う必要があるわけです。

で、一度英語力的な問題から脱せれば、あとは純粋に「学術的な考え方や難解な概念が理解できるか」という、頭のレベルのお話になるわけです。

Kotaniは「英語のせいで授業内容がわからない」から「概念の難しさから授業内容がわからない」という段階にたどり着くのに2~3年はかかった

なので、「アメリカの大学での勉強対策」の結論としては、「とにかく英語力を上げろ」ということに付きるワケです。

個人的には、教授のオフィスアワーを利用するのが時間的にも内容理解的にも最強だと思うので、英会話力をしっかりと身につけておく事をオススメします。

英文読解などは、語彙力や慣れの部分も大きいですし、「知っている概念に関する内容を読むのと、全く知らない状態で読む」のでは、内容理解の深度もスピードも変わるわけです。

期間限定で「Kotaniが1ヵ月で英会話をマスターした方法」を公開中です。

Lineの無料登録で情報をGetできるので、ぜひ。

 

KotaniのLineに登録する!

KotaniのLineでは、英会話やアメリカ大学関係のお得情報を発信しています。

不安に思うことや相談事、または記事に関する感想や疑問等がアレば、メッセージしてみてください。

送って頂いたメッセージはほぼ100%返信しています。

この記事を執筆しているKotaniがどんなヤツなのか?
Kotaniのプロフィール

Kotaniがアメリカの大学進学に至るまでの経緯
底辺からのアメリカ名門大学への逆転ストーリー

底辺高校生だったKotaniが米名門大学に進学した方法はコチラ
底辺高校生だったKotaniがアメリカ名門大学へ合格した理由と戦略

アメリカ大学進学・英会話学習等でガチの相談がある方はコチラ
アメリカ留学・英語学習の相談のご依頼について【本気で悩んでいる人向け】

Kotaniの最短距離での英会話習得法
外国人と「コミュニケーションを取る」ための英会話の学び方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA