英語学習

Toeflのリスニングを聞き取れない3つの理由と対策法

日本人の英語学習者の中には、リスニングに苦手意識を持っている方は非常に多いため、Toeflテストでもリスニングにつまずく方が多いと思います。

本記事では、Toeflのリスニングの英語を上手く聞き取れないという方に共通する理由と、その対策について解説していきます。

Toeflリスニングに苦戦している方はぜひチェックしてみてください。

Toeflのリスニングを聞き取れない理由とその対策

その1.音声の早さに追いつけない

おそらく、Toeflのリスニングができない方はリスニング音源の早さに追いつけないという方がほとんどです。

そもそもリスニング内容を理解する以前に、
英語の音を聞き取る能力が無いというのが原因です。

私自身の英語学習・リスニングの経験からも、このケースが非常に多いと考えます。

こういった場合は、まず英語の音を聞き取る能力をしっかりと鍛える必要があります。

https://kotwoo.com/listening-1/

その2. 語彙力が無い

「音は聞き取れるんだけど、それでも何を言っているのかが分からない」

という方は、語彙力が足りていない可能性があります。

厳密に言うと、英語リスニングにおいては単語の意味を知っていれば良いというだけでなく、単語の発音もしっかりと理解する事が重要になります。

そのため、Toeflリスニングに向けて単語学習を進める場合には、

  • 英単語の文脈での意味・用法を理解する
  • 英単語の発音・音声変化を理解する

という2つの事を意識する必要があります。

https://kotwoo.com/memorize/

その3. 英語の音の変化を聞き取れない

「Toeflの音源のスピードにはついていける。語彙力もしっかりと鍛えた。」

それなのにも関わらず聞き取れないという方は、

「英語の発話上の音声変化を理解できていない」

という事が考えられます。

例えば以下の英文を例にしてみましょう。

“The Players performed a theater piece at the college as part of Campus Equity Week”

ネイティブはこの英文を、

「The – Players – performed… 」

といった様に単語毎に区切って読むことは無く、
単語の最初と最後の音節は接続して読み上げます。

俗に言うリエゾンというやつですね。

上記の文を例に取ると、正しい発音と誤った発音を以下の様になります。

at the →「アット ダ」 performed a → 「パフォームド ア」
at the → 「アッダァ」 performed a → 「パフォームダァ」

カタカナで表現すると少しおかしな感じになりますが、
ニュアンスは感じ取れるかと思います。

これは一例になりますが、このような発話上のルールやニュアンスを理解もしくは感じ取ることができていないと、全く別の単語を発音している様に感じてしまうかもしれません。

英語のリスニングを行う上では「音声変化」をしっかりと理解することが非常に重要になります。

「音声変化」の理解はその重要性に反して、多くの人が見落としがちなポイントでもあります。

そのため、リスニング力に自信がない方は、特に重点を置いて学習する必要があります。

英語の音声変化に関しては意外と見落としている方が多いのに加え、
リスニング教材の中にも音声変化を全く意識していないモノもあります。

英語の音声変化を効率的に学習したい!という方は、コチラの記事で解説しているプライムイングリッシュという教材を参考にしてください。

「音声変化」に関しては、英語学習教材の中ではトップクラスです。

http://kotwoo.com/pe-for-begginer-qu/

まとめ

いかがでしょうか。

Toeflのリスニングができない理由として3つのポイントを挙げましたが、心あたりはありましたか?

Toeflのリスニングが上手くできない方は、

  1. 1. 音を聞き取る力
  2. 2. 語彙力の強化
  3. 3. 音声変化

というこの3つのポイントにフォーカスを置いて、リスニングトレーニングを行ってください。

期間限定で、「Kotaniが1ヵ月で英会話をマスターした方法」を公開中です。

Lineの無料登録で情報をGetできるので、ぜひ。

気が変わったら速攻で辞めるのでお早めに

 

KotaniのLineに登録する!

この記事を執筆しているKotaniがどんなヤツなのか?
Kotaniのプロフィール

Kotaniがアメリカの大学進学に至るまでの経緯
底辺からのアメリカ名門大学への逆転ストーリー

底辺高校生だったKotaniが米名門大学に進学した方法はコチラ
底辺高校生だったKotaniがアメリカ名門大学へ合格した理由と戦略

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です