アメリカ留学

アメリカの大学寮での盗難は日常茶飯事です【アメリカ留学中のモノの管理と盗難対策】

こんにちは。Kotaniです

いきなりぶっちゃけますが、アメリカの大学寮では日常茶飯事的に盗難が発生します。

今回は、アメリカの大学寮の話の中でも「盗難問題」にフォーカスしてお話していきます。

 

この記事でわかること

  1. アメリカの大学寮での盗難問題の実態
  2. アメリカの大学寮での私物の盗難を防ぐための対策法
  3. もし盗難問題に合ったらどうするべきなのか?

 

アメリカの大学寮では、色々な国から来た学生が共同生活を送っています。中にはモラルが欠けた人もいたりします。

そんな環境なので、やはり盗難というのは頻繁に起きてしまいます。

アメリカの大学寮での盗難問題の実態

アメリカに留学する前には、

「部屋に無理やり侵入されてモノを盗まれるんじゃないか…」

なんて心配していましたが、さすがにそこまでのレベルの盗難はありませんでした。

 

小規模なリベラルアーツ校の利点なのか、そこまで派手にモノを盗まれたた事は自分の知る中では経験していません。

流石に盗むと大事になるようなものは盗難には合わないね

ただ、大学寮で生活していると確実にモノは無くなっていきます。

盗まれます。

日常品は良く、頻繁に盗難に合います。

共用の冷蔵庫を使うと私物はほぼ盗まれる

アメリカの大学寮には、各フロア・もしくは各棟ごとに共用の冷蔵庫が置かれています。

冷蔵庫を購入していないうちには大変便利なのですが、基本的に共用の冷蔵庫に入れたものは無くなります。

無くならない場合は、フロアメイトのモラルが高くてラッキーって思ったほうが良いよ

飲み物・食べ物・スナックなどなど…

 

中には調理用に購入した鶏肉や、調理後の料理も無くなります。

 

私の日本人の友人には、

「10時間かけて作った手作り餡子がすべてなくなった!」

なんて方も。

「これは〇〇のものだから食べないで!」みたいな但し書きをしても平気で盗まれるからね

定期的に、

「共用の冷蔵庫の中の他人のモノを勝手に食べないで」

というメールが寮の管理人から届くことからわかるように、皆他人のモノだろうが平気で獲っていきます。

これがアメリカの大学寮のモラルです。

キッチンに置きっぱなしのモノはボロボロに…

もちろん大学寮には共用のキッチンもありますが…

ここでも盗難には十分気を付けなければいけません。

 

置きっぱなしにしてしまった調味料は基本的にアウト。

大体使われてしまいます。

 

食器・調理器具等も勝手に使われてしまいますし。

洗う事もなく放置されることが多々あります。

 

焦げ付いたまま、カビが生えるなんてことも。

 

アメリカの学生は、誰のモノかわからないけどとりあえず使っちゃう…

なんていうタイプの人がかなり多いです。

共用スペースに置いてあるから共用のモノという認識なのでしょうか。

 

個人的には、こういった理由からもアメリカの大学留学中に自炊はおすすめしません。

Kotaniは夏休みに大学寮にステイしていた3ヶ月間で3回フライパンを買い替えた。全部盗まれたからね

というか、盗難に関係なくアメリカ留学中に自炊なんてしてる暇はないですけどね。

アメリカ留学中の大学寮での食事事情を語る【自炊は無理だし太らない】 日本の大学生って、きっと一人暮らしであれば自炊してますよね。 もしくは毎日カップ麺生活? 今回は意外と質問さ...

参考 → アメリカの大学留学中の食事事情【自炊はするべき?】

洗濯所・シャワー室でも盗難には要注意

アメリカ留学中の衣服の洗濯はもちろん自分で行います。

基本的には、大学寮にある共用の洗濯機と乾燥機を使うことになるでしょう。

 

私は割と頻繁に、柔軟剤を洗濯機の上に置きっぱなしにしてしまうことがありました。

次の日に忘れたことを思い出して取りに行くと、ほぼ新品だったものが2割くらいまで無くなっている。

というのがデフォルト。

 

その他にも、シャワー室に置きっぱなしにしていたシャンプーなども勝手に使われてました。

基本的に人の物だから使わないようにしよう。

なんて配慮はありません。

使えるものは使ってやれ精神だね

部屋の前で乾かしていた傘が無くなったこともあります。

 

なので、所有物(特に消耗品)はしっかりと管理するようにしましょう。

貧乏学生にはモノを頻繁に買う財力は無いので辛いです。

大学寮での盗難を未然に防ぐためには

基本的にアメリカの大学寮での盗難に関しては、残念ながら盗まれた方が悪い精神で対応するしか方法はありません。

周りの学生の自己意識とモラルに任せるなんて以ての外です。

基本的に周りの人間はモラルのないクズ野郎ぐらいに思って対策をする必要がある

アメリカの大学寮生活で盗難を防ぐための「5つの心得」です。

  1. 消耗品・無くなって困るモノは部屋の外には絶対に置かない
  2. 共用スペースの収納棚・物置絶対に使わない
  3. シャンプーなどはめんどくさくても毎回部屋に持ち帰る
  4. (最悪の場合)キッチン等にモノを置く際には名前と注意書きをする
  5. どんなに仲のいい友達でもモノの貸し借りに関しては信用しない(貸すなら与える精神で)

基本的に以上のポイントを心して生活してください。

 

もはやアメリカの大学寮では、自分が気を付ける以外に盗難を防ぐ術はありません。

モノを盗まれるような原因を無くすことを心がけてください。

他人のものは使わないように!っていう概念がそもそも無いのか知らないけど、マジでアメリカ人のモラルに関しては諦めたほうが良い

あまりにも頻繁に盗難に合ったりするのであれば、迷わずRAやセキュリティに報告してください。

おそらく気休め程度にしかなりませんが。

一応フロアメイトや大学寮の住人に注意喚起はしてくれます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

事実として、アメリカの大学ではモノを盗まれることが非常に多いです。

アメリカ人のモラルに頼るという行為は非常に危険です。

 

モラルが基本的に欠けているので、様々な問題が発生します。

盗難だけでなく、騒音なども頭を抱える問題ですね。

絶望的にうるさいアメリカの大学寮生活について語るよ【留学中の騒音問題と対策法】 本日は、日本人留学生とは切っても切れない関係である大学寮生活についての話を。 数ある大学寮生活中のトラブルの中でも、今回は...

アメリカの大学寮うるさすぎ問題

 

残念ながら、「盗まれたほうが悪い」くらいの気持ちで望まないと、永遠にものを盗まれ続けるとお思います。

自分のモノは自分で管理してください。

 

それでは。

ここまでブログを読んで頂きありがとうございます。

ちなみにKOTANIはLINE@をやっており、コチラでは

  • 時事的な情報
  • お金の話
  • アメリカ進学関係
  • 英語学習関係

などなど、

ブログには書けないような、ちょっとしたお話をお送りしていきます。

 

個別にアメリカの大学や英語学習ついてのお話がしたい!みたいなのもウェルカムですので、お気軽に。

基本的に、変な人でなければ99%返信します(笑)

 

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@の登録はこちらからどうぞ↓

 

Add friend

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA