アメリカの大学に出願する

アメリカで歯並びが悪い・歯が汚い事によるデメリットとは?留学前にオススメする対策を実際の経験から語る

どうもこんにちは。Kotaniです。

今回は、アメリカ留学と歯並びの話をして行こうかと。

基本的にこの記事では、

  1. アメリカで歯並びが悪い・歯が汚い事による様々なデメリット
  2. 留学前にやっておくべき対策
  3. アメリカのデンタル製品を使用する際の注意点

これらに関して、歯並びが悪くて後悔した私の実体験から語っていこうかと。

とにかく、歯並びが悪い事歯が汚い事
アメリカ生活においてはデメリットだらけなので、

渡米する予定がある方は、

最低でも歯のホワイトニング、できれば歯列矯正

これらを強くオススメします。

それでは、詳しい内容へ行ってみましょう。

歯並びが悪い事はデメリットだらけ

歯並びが悪いくらいで大げさだと思う方もいるかもしれませんが、
アメリカで生活する上では歯並び・歯の美しさ は超重要。

特に、人と関わる時間が多い場合はなおさらです。

「歯並びが汚いヤツはイギリス人」

というジョークがあるくらいですからね。

アメリカ人の歯に対する意識はかなり高い。

実際にアメリカで生活をしてみると、
歯並びが悪い・歯が汚い人を見かけないレベルです。

アメリカ人の歯はかな~り綺麗なわけですが、
それにはちゃんとした理由があります。

その1 英語の発音の妨げになる

まず、歯並びの悪さは英語の発音にダイレクトに影響します。

実は、英語の発音というのは我々日本人が知るよりももっと複雑。

「こんな音も区別して発音するの!?」

というような発音まであったりします。
RLだけじゃないんですよ実は。

そんな英語の発音の中には、
歯並びが悪いとどうしても発音しずらい音

というモノがあります。

例えば、前歯の歯並びが悪いと th(ð・θ)の発音の際に、
舌が歯に引っかかってしまいうまく発音できなかったりします。

これの何が問題かというと、正しい発音で話さないと英語を理解してもらえない事があるからなんです。

文法はめちゃくちゃでもOK。
ただ、発音が悪いと何も通じません。ホントに。

発音が全てというワケではないのです。

しかし、最低限のメリハリをつけないと
意図しない意味に捉えられるケースがあります。

私が以前ドライブスルーで経験したのは、

ミールセットで(With meal)

と言ったのにも関わらず、発音が悪いために

牛乳(milk)

が来たことがあります。

このように、歯並びが悪いと英語の発音も悪くなり、
それによって英語が通じなくなってしまう可能性があります。

その2 周りにバカにされる(かも)

アメリカ人の金銭的に余裕がある家庭は、歯並びや歯の美しさに気を使います。

そのため、アメリカでは歯列矯正はかなりメジャー。
日本では敬遠されがちな矯正も、アメリカでは大歓迎というほど。

そのため、アメリカの小さい子供は歯列矯正をしている人がホントに多いです。

さらに、スーパーでも口臭ケアや歯のケア用品のスペース・品揃えが日本に比べて段違い。

https://bit.ly/30g4ffe

アメリカのスーパーのデンタル製品コーナーはこんな感じ。
アメリカ人の歯に対する意識の高さが伝わってきますね。

こんな環境の中で、歯並びがぐちゃぐちゃなアジア留学生を見ると、

「コイツ歯並びきたねえな、頭も悪そうだ」

なんてことを言われかねません(マジで)

幸い、私は今までそのようなことは言われたことは無いですが、

「日本の女性はとてもかわいいけど、笑った時の歯並びを見てぞっとするよね」

なんていうアメリカ人はホントにたくさんいます。

日本では八重歯がかわいい!なんていう人もいますが、
アメリカの文化からすると頭おかしいんじゃねえのか?って思いますよ。

その3 歯並びの悪さがコンプレックスになる

言語の特性上の問題なのか、英語を話す際には大きく口を開いて発音する機会が多いです。

すると、他人に歯を見せる機会が必然的に多くなりますよね。

そんな環境で生活していると、ふと鏡で自分の口元を見た時に

「こんな汚い歯を見せながら話していたなんて」

という事を思う時があります。

すると、なんだか英語を喋る腰が引けてしまうんですよね。

さらに、歯並びに自信がないあまり、

「周りの人はこんな美しい歯並びなのに、それに加えて私は…」

という様に、かなりネガティブな考えも浮かんできてしまいます。

そのため、歯を見せないように話そうとしてもごもごしてしまったり、笑顔を見せることを躊躇してしまったりします。

アメリカでの人付き合いで重要なのが笑顔会話なのですが、
歯並びが悪いとこの2つにダイレクトに支障が出てきます。

百害あって一利なしなんですよ。

その4 衛生上の問題になる

極めつけは口内衛生上の問題ですね。

歯並びが悪いと虫歯・口臭に悪影響が大きいです。

アメリカに限らないと思いますが、

お口周りをおろそかにするとマジで嫌われるので気を付けてください。

ただ、口内衛生や口臭ケアに関しては日々の心がけとケアが全てです。

多少お金と労力をかけてでもしっかり行ってください。

口臭や口周りのケアは最低限のマナーですからね。

アメリカ留学前にやっておくべきこと

時間がある人はできれば歯列矯正を

大げさではなく、上述した通りアメリカでは歯並びの美しさがホントに大切になります。

歯並びに対して極端に神経質になる必要はありませんが、
歯並びが汚い人はやっぱり歯列矯正をしておくべきでしょうね。

アメリカの大学への長期留学を考えている高校生1~2年生の方であれば、すぐに歯医者へ行って歯列矯正を受けることをオススメします。

歯の治療は長い期間を必要とするので、
ある程度まとまった期間が必要です。

「高校の在学中に歯列矯正をするのは見た目が悪くて嫌だ…」

という気持ちもわかりますが、留学後に歯並びが悪いコトの方が間違いなくコンプレックスになります。

特に歯並びに問題がなくても歯医者には行け!

歯並び等に何か問題がなくても、
留学前には一度は必ず歯医者に行くようにしてください。

意外と自分が知らない症状等が見つかったりもします。

アメリカで病院に行くことは日本より遥かに高額ですし、
日本の患者が治療を受けるには適していない場合があります。

特に歯科関係はアメリカ人とアジア人では骨格が違うため、
問題が発生するケースも。

「アメリカに留学した後に虫歯で歯が痛い」

なんて言う事が起きると、ホントに治療が大変になってしまいます。

私も渡米後に親知らずの痛みに苦しめられた経験があります。

アメリカの歯医者で高額な治療費を払う事ができなかったので、
ただひたらすら痛みに耐えていました。

https://kotwoo.com/us-dental/

アメリカ留学前に歯のホワイトニングはするべき?

個人的には、留学前にホワイトニングは行っておくべきだと思います。

再三お話し着た通り、アメリカ人の歯の美意識は非常に高く、
例えるなら日本では芸能人レベルアメリカのスタンダードともいえるでしょう。

語弊はあるかもしれませんが、私は、
全ての日本人は渡米前にホワイトニングには行け!

と言い切ります。

ホワイトニングだけだったら、金銭的にも時間的にも大した事無いですよ。

 

コスパ良く短期間で施術を終わらせたいのであれば、数あるクリニックの中でもダントツでスターホワイトニングというクリニックをオススメします。

最近は日本でもデンタルケアが定着してきたのか、
クオリティの高いサービス低額で受けられるようになっていますが、

このクリニックは別格ですね。コスパと手軽さが素晴らしい。

  • 1回の施術料 → 2,500円
  • 施術時間 → 30分
  • 1~3回ほどで白さを実感できるレベルに
  • 全額返金保証アリ

ホワイトニング専門のクリニックなので、質や実績は申し分なしです。

クリニックの予約って電話でしなければいけない場合が意外と多いので、24時間オンラインで予約ができるのは非常に便利です。

詳細はHPで確認してみてください。

アメリカ留学前のホワイトニングは非常にオススメです。

スターホワイトニングのHP

アメリカ製のデンタル用品は使うべき?

先ほどもお話した通り、アメリカのデンタル関係はかなり充実しています。

が、しかし、我々日本人が使用する際には注意が必要な場合があります。

アメリカのデンタル製品は効きが良すぎる

アメリカで市販されているモノって、
薬だろうが何だろうがめちゃくちゃ良く効くんですよ。

痛み止めとか、歯の溶剤とか、風邪薬の効き目は凄まじいです。

ただ、それがいつもプラスに働くとは限りません。

デンタル製品であれば、ホワイトニング用の薬液などはかなり染みて痛いです。

モノによっては思わぬ副作用があったりする場合もあります。

種類が豊富すぎる

アメリカのデンタル製品は、その充実度故に
自分にあったモノを選ぶのが大変です。

例えば、ホワイトニング製品一つ取ってもかなりの量の製品があります。

英語で書かれた説明書きを読み、
それが本当に自分にあった製品かを見極めるのも一苦労。

アメリカの大学に通っているとはいっても、デンタル関係のことなんて勉強していない私は歯磨き粉一つ選ぶのに苦労しました。

個人的には、アメリカの歯磨き粉とホワイトニング溶剤の見分け方がめちゃくちゃ難しいと思いました。

パッケージが似すぎなんですよ。

日本人と欧米人の骨格の違い

欧米人と日本人では骨格がそもそも違うため、
デンタル製品の設計や構造も変わってきます。

アメリカのデンタル用品は日本人用に作られていないため、
あまり使い勝手が良くない場合が多いです。

特に、アメリカの歯ブラシのサイズはまったく口に合わず、
私は自分にあった歯ブラシ一本選ぶのにも苦労しました。

こういった理由から、歯の手入れ用品だったりは日本から持っていくことを強くオススメします。

個人的には、ORALUMINUS(オーラルミナス)という製品が非常に便利だと思いました。


コレ一本で歯垢除去・口臭ケア・ホワイトニングに加え、
フェイシャルケアまでできます。

(フェイシャルケアの必要性に関してはノーコメント)

電動歯ブラシとしての性能は言わずもがなですが、個人的にありがたいのが様々な機能がオールインワンになっているという点ですね。

歯ブラシを買って、
歯磨き粉を買って、
ホワイトニング用品を買って、
歯垢除去用品を買って…

これをアメリカのスーパーで行うのが非常にめんどくさい。

唯一の欠点が値段ですが、長く使えるものですし、
この多機能高性能っぷりを見ると¥24,800を払う価値は存分にあるかと。

オススメです。詳細はHPで。

累計12万本販売「ORALUMUNUS」

まとめ: 留学前には歯の事をもっと真剣に考えるべき

今後渡米をする予定がある方は、
歯に関してはホントにシビアになるべきです。

歯並びの美しさはアメリカ文化では非常に大切な要因ですし、
正直、日本的な感覚ではアメリカでは不十分です。

歯並びが悪いなら歯列矯正を。
歯が汚いならホワイトニングを。
虫歯があるなら治療を。

今どきは時間も金もそこまでかかりませんし。

オススメのホワイトニングクリニック
スターホワイトニング

オススメの歯ブラシ・口膣ケア用品
ORALUMINUS(オーラルミナス)

About Me

KOTANI
 

Line@  Twitter 
 

オハイオ州のとあるリベラルアーツ大学に在籍している大学生。

Philosophy、Political Science専攻の傍ら、OSCPに向け奮闘中。

コメントを残す