アメリカ留学

アメリカ留学生の宿命「何か英語しゃべってよ!」をスマートにやり過ごす方法を考える

こんにちは。Kotaniです

留学経験者、帰国子女、海外在住者。

こういった人間が日本で必ずされる、

「アメリカにいたんだ!じゃあ、英語ペラペラでしょ?何か英語しゃべってよ!」

という質問。

 

海外で生活をしているよ、何て人間はおそらくこの質問からは一生逃れられない。

というワケで、この質問に対するスマートな返し方がこれだ。

「何か英語しゃべってよ」という質問へのスマートな返し方

「何か英語しゃべってよ」なんて質問をされた時に、

“Hi, my name is ○○. I love to play soccer.”

なんていう、クソ真面目で何にも面白くない、普通な自己紹介をしようモノなら、

え、おもんな。

何て冷めた目で見られるし、かといって、

You know that the GPS, which we use in the daily life, is owned by the government of the United States of America, but operated by the US Air Space Force…

なんていう真面目な内容を、英語が理解できない人間に真面目に話そうものなら、

うわぁ、英語喋れるアピールですか…

なんていう、これまた冷めた目で見られるワケだ。

英語喋れって言ったのお前やん

なんていうロジックは通用しない。

 

ただ、「コイツおもんないな」とか「英語喋れるからって調子乗ってんの?」と思われるのは癪だ。

というワケで、「英語しゃべってよ」なんて言ってきた相手に、

「英語マジで喋れるじゃん!すげー!」

というインパクトを与えつつ、

「英語喋れるからってイキってんな」

と、ギリギリ思われないくらいに、ユーモアとウィットに富んだ返しを考えてみる。

重要なのはノリとテンポと雰囲気

「英語しゃべってよ」なんて言ってくるヤツに、英語が理解できるやつは99%いない。

なので、ぶっちゃけ何を話すかというコトはそこまで問題ではないワケだ。

英語を話している雰囲気さえそれっぽければ、オールオッケーなワケだ。

 

というワケで、「英語しゃべってよ」という質問に対する返答としては、「ラップで返す」というコトをまずオススメしてみる。

ラップで返せれば「英語が喋れるかどうか」という視点から「ラップが出来てスゲー!」という方向に話をすり替えることができるぞ

英語のラップを流暢に。

ユーモアとインパクトという意味合いでは最高ではないだろうか?

 

ちなみに、「ラップで返そう」というコトを考えたときに、一番最初に頭に浮かんだのがコレだ。

「英語喋ってよ」なんて言われたら、まずはコレをかましてやろう。

英語で皮肉を言う

ありふれた自己紹介のように「質問してきた人間ですら理解できる」内容を話してしまうと、

コイツの返しクソおもんないやん

なんて思われてしまうかもしれない。

 

そういった意味で、ウィットやユーモアが必要になるワケだ。

ちょっと難しめの語彙だったりを使って、若干皮肉めいた言い回しをしてみよう。

“What should I speak in English sir? Give me a brilliant idea. (英語で何を申し上げればよろしいでしょうか?あなた様が素晴らしいアイディアを下さることを心待ちにしております。)

“How dare you say such a thing. Learn English before showing your stupidity. (よくもそんなことをのうのうと言えるな!お前のバカさ加減をひけらかす前に英語でも勉強してろ!)

こんな感じの返しはどうだろうか?

きっと、

うおぉ、マジで英語話してるやん!

と、意味も理解していない癖に驚くはずだ。

 

いずれにせよ重要なのは「英語っぽく聞かせるコト」なので。

内容というよりも、発音や抑揚、テンポや強弱の付け方に気を付けるコトは、英語っぽく聞こえるためのポイントだ。

「何か英語しゃべってよ!」という質問をしてくる人へ

純粋に「英語が話せることが凄い!」という思いからなのか、「とりあえず話のネタ的や、間を持たせるため」なのかは分からない。

が、この質問をされる立場からすると、

「何か英語しゃべってよ!」なんて質問をされることが、この上無くウザい

なので、即刻辞めて頂きたい。

どっちの理由にしろ、この質問をされるコト自体が耳障りである。

というのが、正直にぶっちゃけた感想だ。

 

前者の「英語が話せてすごい!」という考えからの質問なら、自分のバカさをひけらかすだけなのでやめた方が良いぞ。

英語を話せるヤツなんていくらでもいるし、逆に今時英語すら話せないのか?

ぶっちゃけ英語を話せる人って、こういう考えの人も少なくないと思うので。

 

外国人にもこういう質問はやめておこう。

「なんだこの田舎者は?」

と、思われかねない。

というか、シンプルにウザい。

 

で、後者の「話のネタや、間を持たせるため」であってもやめておけ。

どうせお望み通りに英語を話したとしても、

あ、そうなんだ~。英語本当に話せるんだね~。すごいね~…
…(気まずい)

こんな反応になるのが目に見えている。

 

というか、経験則的に9割型こういった結末を迎える。

ぶっちゃけそこから何も話なんて進展しない。

英語話したせいで微妙な沈黙が流れるか、「英語が話せてイキってるヤツ」という印象を与えるだけで、コチラに何も良いことが無い。

 

という感じだ。

この上なく生産性のない質問なので、基本的にやめて頂きたい。

 

というワケで今回はこの辺で。

それでは。

期間限定で「Kotaniが1ヵ月で英会話をマスターした方法」を公開中です。

Lineの無料登録で情報をGetできるので、ぜひ。

 

KotaniのLineに登録する!

アメリカの大学進学や留学に関する相談がある方は、

初回無料の個別カウンセリングを行っています。

KotaniのLineからご連絡を。

 

また、別途有料で、

・アメリカ大学進学コンサル
・進学先の大学選定サポート
・進学先の大学関連の情報収集
・留学中のトラブル相談

などなども行っています。

コチラに関しても、Lineの方でまずはご連絡ください。

この記事を執筆しているKotaniがどんなヤツなのか?
Kotaniのプロフィール

Kotaniがアメリカの大学進学に至るまでの経緯
底辺からのアメリカ名門大学への逆転ストーリー

底辺高校生だったKotaniが米名門大学に進学した方法はコチラ
底辺高校生だったKotaniがアメリカ名門大学へ合格した理由と戦略

アメリカ大学進学・英会話学習等でガチの相談がある方はコチラ
アメリカ留学・英語学習の相談のご依頼について【本気で悩んでいる人向け】

Kotaniの最短距離での英会話習得法
外国人と「コミュニケーションを取る」ための英会話の学び方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA