アメリカ生活

「海外に送った荷物が届かない」という問題の対策法【アメリカ留学中に日本からアメリカに荷物を送りまくった経験から】

こんにちは。Kotaniです

大学の休暇中で時間的な余裕ができたおかけで、最近せっせとこのブログを更新しています。

ただ、一度アメリカの大学に通って「1日中暇さえあれば勉強」みたいな生活を送ると、

あれ、今日全然勉強してなくない?ブログなんか書かないで本読まなきゃ…

なんていう脅迫観念に駆られ、全くブログの記事更新に身が入らないのであります。

 

そんなことは置いておいて。

本日の本題です。

海外に荷物を送る時には、よく、「よく分からない場所に送られて、荷物が結局届かない…」なんてことがあるから怖い。

みたいな話を聞くので、実際に日本からアメリカへ荷物を発送してみた経験から、

普通に荷物は届くよ

なんてことをお話していこうかと。

海外に荷物を送って届かない…なんてことは実際ほぼほぼ起きない

Kotaniはこれまでに、日本からアメリカへ結構な回数荷物を送っていました(厳密に言うと送ってもらったワケですが)

CDだったり、本だったり、食べ物だったり、書類だったり… などなど。

アメリカからも、何度か日本へ向けて荷物を送ったことがあります。

 

いずれの場合にせよ、「海外からの荷物が届かない」なんて経験は一度たりともありませんでした。

祝日が重なって荷物の国内発想が遅れたり…

というコトは何回かありましたが。

 

ただ、よく聞く、

「別の場所に荷物が送られていた」

だったり、

「そもそも海外に送ったはずの荷物が、いつの間にかロストした」

なんて経験はないです。

「海外(アメリカ)に送った荷物が届かない…」なんてコトを防ぐための対策法

ぶっちゃけ「荷物が届かない」なんてことは、送る側のやり方次第でほぼ100%防げるんじゃねえか?

と、私は思います。

追跡オプションを利用する

基本的にマトモな郵送サービス(日本郵政とかね)であれば、「海外へ発送した荷物を追跡する」コトが可能です。

ちゃんと荷物の追跡をしていれば、万が一荷物が間違った場所へ発送されていても分かりますし。

 税関で引っかかる荷物を送らない

送る荷物によっては、海外の税関で引っかかって、

「この荷物はこの国には入れられないから送り主に返却(もしくは没収)」

なんていうことが起きえます。

 

タバコだったり、肉類だったりなどなど。

税関で引っかかる対象ですね。

 

もちろん、規制品目は国ごとに異なってきますので。

ちゃんと海外の目的地に荷物を郵送したいのであれば、税関の規制品目とかは送らない方が賢明。

安い郵送サービスを利用しない

私は今までに、海外に荷物を郵送してトラブルが起きたことは一度もありません。

が、別に「海外郵送でトラブルが起きる可能性は0だよ」というコトを言いたいわけでは無いです。

 

荷物が届かないなんて、普通に起きえることですから。

なので、対策も問題が起きる前提で打つ方がベターですね。

 

そして、仮に荷物が間違った場所に送られたり、ロストして届かない…

なんてなった時のため、そこそこ信頼のおける郵送会社を利用しましょうね。

 

格安をいいことに、ワケの分からん会社を利用すると、

荷物が届かない?把握してないんで分からないです~

なんていうクソ対応を取られる可能性も否めません。

 

「安心 = 金」で買うモノですからね。

届かないと困るモノを送るのであれば、それなりにお金は払っておくべきでしょう。

本当に不安なら、原始的に「目的まで手で直接運ぶ」なんて方法も。

アメリカ留学先に飛行機でギターを持っていった時の話【海外に楽器を運ぶ方法と注意点】 ギタージャンキーKotaniが、ギター好きの方に向け 「海外にギターを飛行機で持っていく方法」 について、実体験を交...

海外(アメリカ)に楽器を飛行機で運んだ時の話

 

今回はこの辺で。

それでは。

 

期間限定で「Kotaniが1ヵ月で英会話をマスターした方法」を公開中です。

Lineの無料登録で情報をGetできるので、ぜひ。

 

KotaniのLineに登録する!

KotaniのLineでは、英会話やアメリカ大学関係のお得情報を発信しています。

不安に思うことや相談事、または記事に関する感想や疑問等がアレば、メッセージしてみてください。

送って頂いたメッセージはほぼ100%返信しています。

この記事を執筆しているKotaniがどんなヤツなのか?
Kotaniのプロフィール

Kotaniがアメリカの大学進学に至るまでの経緯
底辺からのアメリカ名門大学への逆転ストーリー

底辺高校生だったKotaniが米名門大学に進学した方法はコチラ
底辺高校生だったKotaniがアメリカ名門大学へ合格した理由と戦略

アメリカ大学進学・英会話学習等でガチの相談がある方はコチラ
アメリカ留学・英語学習の相談のご依頼について【本気で悩んでいる人向け】

Kotaniの最短距離での英会話習得法
外国人と「コミュニケーションを取る」ための英会話の学び方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA