英語学習

ウォールストリートジャーナル日本版の魅力。英語学習にもオススメです【口コミ・評判】

こんにちは。Kotaniです

本日は、私も愛用していウォールストリートジャーナルについて。

数多くなるアメリカのニュースメディアの中で非常に評判や評価が高く、個人的にも情報ソースとしてオススメです。

更に、純粋なメディアとしてだけでなく、ウォールストリートジャーナルの日本版は中級車以上の英語学習にもオススメなので、その点についてもお話していきます。

 

この記事で分かる事

  1. 世界的に評判の高いメディア・ウォールストリートジャーナルの特徴と魅力
  2. 中級者の英語学習にウォールストリートジャーナル日本版をオススメする理由
  3. ウォールストリートジャーナルを使ったオススメの学習法
  4. ウォールストリートジャーナルをお得に購読する方法

 

ウォールストリートジャーナルは一度購読すれば、「日本語版と英語版の両方が使用可能」となっています。

本記事では日本語版にフォーカスしてお話していきます。

 

ウォールストリートジャーナルを利用した学習法をササッと読みたい人へ。

具体的な学習法へジャンプ!

 

\ 【コスパ最強】100円で賢くなれます/


ウォールストリートジャーナル日本版の特徴・特徴

英語学習云々の前に、そもそものメディアとしての

「ウォールストリートジャーナルの魅力・特徴」

について解説していこうと思います。

中道右派よりのメディアだが、バイアスが少なく記事内容は基本的にファクトベース

アメリカのメディアを利用する際には、「そのメディアが政治的にどの思想信条に傾いているのか」というコトを明確にしておく必要があります。

左寄りのメディアは左からの視点から情報発信を行いますし、その逆もまたしかり。

事実を報道するというよりも、「特定の視点やバイアスから解釈した考え」だったり、「特定の視点やバイアスから好ましい事実を選んで」発信されます。

アメリカのメディアを見るときは、そもそも報道自体が一次情報が無い場合もあるし、報道されている一次情報だって恣意的に選別されている傾向が強い

まあ、アメリカのメディアはそれぞれの立場を明確にしている分、日本のメディアよりましなのですが。

こういった背景から、アメリカのメディアのバイアスを一切無視して、記事内容を鵜呑みにするというのはかなり危険です。

 

基本的にアメリカの大手メディアは中道左派、もしくは極端な左寄りというケースが多い中、ウォールストリートジャーナルは中道右派と言えます。

で、ここが肝心なのですが、ウォールストリートジャーナルは基本的に「ファクトベース」で情報を発信します。

オピニオン記事等は別として、基本的なニュース記事は淡々と事実を伝えていく、という内容のモノが多いです。

オピニオン記事に関しても、右も左も、リベラルも保守も、様々なライターからの記事が発信されています。

All Side: Wall Street Journal (News)

Is the Wall Street Journal a Conservative Publisher?

 

なので、発信内容に対するバイアスは他メディアに比べると、非常に低いと考えます。

例えば、最近はほとんどの米メディアがトランプ叩きに真っ最中な中なワケです。

ただ、そんな中ウォールストリートジャーナルはちゃんと両サイドに対する、事実ベースの批判記事を掲載したりしています。

別にウォールストリートジャーナルはトランプ上げがしたいワケではないですよ。

現にガンガントランプを叩く記事も上がっていましたし。

思想信条や政治的立場に関係なく、しっかりと事実に基づいた上で、両サイドに対しての批判をしています。

 

特定の思想信条や政治的な立場からの解釈ではなく、しっかりと事実が知りたい!

なんていう場合には、ウォールストリートジャーナルはかなりオススメですね。

ちなみに、日本のメディアはアメリカの大メディア(左寄りから極左)の発信情報のみを情報源とする場合が多いから、日本のメディアがするアメリカのニュース報道も大体変更されて事実とは異なっているケースが多い

なので、「アメリカの出来事やニュースを知る」という意味合いでは、日本のメディアは避けてウォールストリートジャーナルを利用するのが賢明である、と私は思います。

とにかくメディアとしてのクオリティが高い

ウォールストリートジャーナルは3年連続で、

アメリカで最も影響力のあるメディア

と評されるほどの、アメリカの大手経済新聞です。

その影響力はアメリカにとどまらず、世界中の国々で購読されて、各地域ごとの独自のニュースも掲載しています。

記事のジャンルは主に世界中の金融・経済系がメインですが、投資IT、さらには政治・思想ライフスタイルまで。

扱っているジャンルはかなり多岐に渡っているので、総合メディアサイトみたいな捉え方もできますね。

政治家・政府機関・公的機関・教育機関も利用し、経済界のリーダー等も記事内容を参考にするほどのクオリティ。

英語学習のリソースとしてだけでなく、純粋に情報源として凄いのよ

また、ウォールストリートジャーナルでは「脚色・バイアスの無い」情報が発信されている、という点も非常にオススメなポイントですね。

アメリカのメディアも日本のモノと同じく偏光がひどいから、ウォールストリートジャーナルはまだ信用できるよ

情報量がとんでもなく多い

先ほども少し述べましたが、ウォールストリートジャーナルでは掲載されている記事の量だけでなく、ジャンルも膨大。

正直全てのニュースを見るのは不可能というレベルですね。

  • 最新の世界情勢(トレンド)
  • 国際政治
  • アメリカ国内政治
  • 法律
  • マーケット
  • テクノロジー
  • 経済
  • 産業
  • 市場動向
  • ライフハック
  • 雑学

ざっと見渡しただけでも、日々これだけの分野での情報が配信されています。

これにプラスして、各分野ごとのサブジャンルがあるからね

特に、経済・マーケット・テクノロジー関連に関しては、文字通り世界中の情報を配信しており、すさまじい情報量になります。

専門家による質の高い分析記事

ウォールストリートジャーナルに掲載されている記事(特にオピニオン記事)は、その分野の専門家エキスパートによって緻密に分析された知見をもとに構成されています。

そのため、分析計の記事や様々な著者によるオピニオン記事の質は非常に高いです。

しかし、記事内容の専門性の高さや読解の難易度とは反比例して、記事自体は非常にシンプルにまとめられています。

要点を分かりやすく理解できるような記事の設計になっており、非常に読みやすいです

文章の作り方が凄い上手いなぁ、と読むたびに実感します。

何というか、しっかりと「専門知識が無い一般人でも理解できる」ような情報の書き方をしている、という様に感じられます。

しっかりと情報を伝える!

という意識が感じられるので、個人的には非常に高評価です。

日本語記事への翻訳スピードが速い

ウォールストリートジャーナル日本版では、元の英語記事を翻訳したモノが掲載されています。

そして、この翻訳スピードが凄まじく早い。

記事によっては、英語版で配信された記事が6時間後には日本語に翻訳されている記事もあります。

さらに、ウォールストリートジャーナル日本版では、世界中のトレンドニュースの中から、特に日本に対して影響力の強いニュースをピックアップしています。

日本での生活にダイレクトに関わる重大ニュースを、いち早くゲットできるワケです。

 

\ 【コスパ最強】100円で賢くなれます/

ウォールストリートジャーナル日本版での英語学習をオススメする理由

とにかく豊富で飽きない、充実したコンテンツ

ウォールストリートジャーナルを英語学習に利用するのにオススメする、最大の理由が記事の面白さ多彩さです。

とにかく扱っている記事の分野がとにかく広いので、「同じ記事ばっかり読んで飽きた…」なんてことは無いでしょうね。

際限なく最新情報が発信されるわけですし、全ての情報に目を通すのは不可能でしょうね。

オピニオン記事ですら、1日に10記事単位で更新されていますし…

とにかく、これでもか!というくらいの、すさまじい量の情報のシャワーを浴びることができます。

そして、記事のジャンルの幅も広い。

自分が興味のある記事を必ず見つけることができると思います。

日本語と英語の記事の読み比べが可能

「英語の原文のと日本語記事を瞬時に読み比べることができる」

これが、ウォールストリートジャーナルを用いて英語学習をする大きなメリットですね。

基本的に、ウォールストリートジャーナル日本版に掲載されている記事は、アジア・アメリカ・ヨーロッパ版の記事を専門スタッフが邦訳したモノになります。

そのため、英語の原文を読んで分からない部分があったら日本語訳の記事で確認する、といった様な学習法が可能になります。

日本語版と英語版は、ボタン一つで切り替えることができるので、わざわざ別のページを開いて…という面倒くさい作業も不要。

そのため、ウォールストリートジャーナルを英語学習に用いる際には、

  1. 日本語版で気になる記事 / 面白そうな記事を探す
  2. 英語の原文の記事を読む
  3. 分からないところがあったら日本語訳を参照
  4. 英語の原文を読み終わったら、全体の内容理解ができているかを日本語訳を見て確認

このように、英語の原文と日本語訳を交互に参照しながら勉強することができます。

しっかりと自分の読解内容に対する答え合せもできる点が良いね!

さらに、プロによる日本語訳を参照することができるので、自分で調べるよりも正確に、且つ効率的に正しい英語を学ぶことができます。

特に英語学習者の中には、

  • 文脈によって変化する、複数の意味を持つ単語を正しく理解できていない
  • 単語の羅列と熟語の区別が付けられない
  • 文章全体を通しての意味が英語で理解できていない

英文を読むうえで、こう言ったミスを抱える方も多いともいます。

ウォールストリートジャーナル日本版では、しっかりとした翻訳を元に英語学習が行えるので、上記の様な問題も解決できますね。

内容は難しいが簡潔で読みやすい文章

英語リーディングのレベルアップのためにオススメするだけあって、ウォールストリートジャーナルに掲載されている記事を読むのはそれなりに大変です。

英語学習初心者では、

全く意味が分からない…

と思う方もいるかと思います。

記事内容に関するある程度の知識・理解は必要になります。

それなりの語彙力も無いと、ウォールストリートジャーナルの記事を読み込むのは大変になります。

アメリカの政治関係の記事を読むのに、政治に関する基本的な語彙力・知識がなければ、流石にきついですよね。

これは日本語だろうが同じだと思います。

ただ、先ほどもお話したように、ウォールストリートジャーナルに掲載されている記事の、文章自体は非常に読みやすくシンプルに書かれています。

そのため、記事中の英文を読める英語力さえあれば、内容理解は非常に簡単です。

ウォールストリートジャーナルの記事には、回りくどい言い回しだったり、無駄に文章が複雑だったりという事が全くないんですよね。

変な修辞も無いので、非常にプレーンで読みやすいです。

難しい内容のニュースを、ここまでシンプルで読みやすい記事にするという点から、執筆者の頭の良さが伺えます。

十分な読解力さえあれば、簡単に記事内容は理解できる!

 

\ 【コスパ最強】100円で賢くなれます/

ウォールストリートジャーナル日本版を利用したオススメの英語学習法

ウォールストリートジャーナルを英語学習に利用する最大のメリットに英語と日本語を即時切り替えできるというポイントがあります。

この機能を活用しない理由がありませんね。

ちなみに、この日本語↔英語切り替え機能は日本版WSJにしか無いから注意

まずは、ウォールストリートジャーナル日本版へ。

お目当ての、面白そうな記事を見つけましょう。

ココでは、「大手ネット企業の独占、中国も監督強化へ」という記事を読んでみます。

まずは日本語の記事が表示されます。

右上の「原文(英語)」というボタンをクリックすると英文に切り替わります。

 

こんな感じで、簡単に切り替えることができます。

もちろん日本語へも簡単に切り替えも同じようにできますよ。

こんな感じに、日本語↔英語の切り替えが簡単にできるので、

  • 英文を読んでわからないところがあったら、日本語に切り替えて確認する
  • 初めに日本語文で読んで内容確認→英文を頑張って読む

といった学習がオススメですね。

1つのタブで日本訳を開き別タブで英文記事を見る、というやり方も賢い。

もちろんスマホでも問題なくできる学習法ですが、PCだと2画面同時に利用できるので便利です。

英語版WSJからだと日本語訳は表示できないから、必ず日本語版に切り替えて使おう!

 

\ 【コスパ最強】100円で賢くなれます /

ウォールストリートジャーナルをお得に購読するには

ウォールストリートジャーナルの記事を購読するためには、
1ヵ月辺り1,999円のサブスクリプションの購入が必要になります。

ただ、現在は

  • 最初の2カ月間の購読料が100円
  • 初年度の年間購読料が5,500円

という、お得に購読できるキャンペーン中なので、
ぜひチェックしてみてください。

学割を利用するとさらにお得に購読できるので、
学生の方は利用を検討することをオススメします。

ちなみに、ウォールストリートジャーナルの日本版を購読した場合でも、北米版との切り替えは簡単にできます。

将来的に英語版を利用したい!

という方でも、日本版を購読後にいつでも切り替えることができます。

ウォールストリートジャーナルの購読法

ウォールストリートジャーナルに登録して購読するまでがの流れが少しわかりずらいので、順を追って説明していきます。

まずは、ウォールストリートジャーナルの公式ページへ。

ウォールストリートジャーナルの公式ページ

 

公式ページ右上にある有料会員登録ボタンをクリック

 

今すぐ申し込むをクリック

名前・メールアドレス・パスワードを登録

住所を登録

支払方法を登録

 

以上で、ウォールストリートジャーナルの登録は完了です。

登録後は好きな記事を制限なく見放題になります。

 

\ 【コスパ最強】100円で賢くなれます /

ここまでブログを読んで頂きありがとうございます。

ちなみにKOTANIはLINE@をやっており、コチラでは

  • 時事的な情報
  • お金の話
  • アメリカ進学関係
  • 英語学習関係

などなど、

ブログには書けないような、ちょっとしたお話をお送りしていきます。

 

個別にアメリカの大学や英語学習ついてのお話がしたい!みたいなのもウェルカムですので、お気軽に。

基本的に、変な人でなければ99%返信します(笑)

 

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@の登録はこちらからどうぞ↓

 

Add friend

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA